人気ブログランキング |


妖艶の春蘭に魅せられる


by shara53

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

なにかあったの?

暑さのせいか果てまた密度過多のせいでしょうか?
箱の入り口に出ているハチが多すぎます。
去年には見られなかった行動です、分蜂でもするのでしょうか?
1週間くらい前から出口に居る蜂の数が増えてきている感じです。
なにかあったの?_f0043750_21433836.jpg
なにかあったの?_f0043750_21434431.jpg

# by shara53 | 2019-07-27 21:48 | ログ暮らし | Comments(1)

河鹿

川原を2匹のマメジカらしき個体が飛び跳ねているのを目撃して以来
狩野川にはキョンが繁殖してると思いこみ、川沿いを車で走るときの眼は必ずそのシカを探していた。
今日、運よく一匹のシカを見つけた。城山をバックに河原でゆっくりヨシの葉を食んでいる。チャンス到来!
手持ちのカメラで一応記録をとファインダーを覗く。
河鹿_f0043750_16523372.jpg
なあんだ、鹿でねえの。もろニホンジカでした。
この真昼間に悠然とエサ喰う姿、カナダを彷彿しますな~!
河鹿_f0043750_16523002.jpg


# by shara53 | 2019-07-26 17:03 | ログ暮らし | Comments(0)

土筆窯20190720

土筆窯の窯開けのお手伝いをしてきました。
土筆窯20190720_f0043750_08010839.jpg
稲木先生のご指導の下、今回は初めて志野焼に挑戦させていただいた蘭鉢が入っています。
ひとつづつ取りだしながらの出来上がりを味わうのが楽しみですが私は置き板の養生専門でのお手伝いなので
作業が終わってからゆっくり鑑賞して楽しんでいます。
                    
春蘭鉢(手前3個が志野釉)
土筆窯20190720_f0043750_08011069.jpg
べったりの釉薬は蘭に悪かろうと控えめに釉をかけて焼いてもらいました。
土筆窯20190720_f0043750_08020116.jpg

# by shara53 | 2019-07-22 08:22 | ログ暮らし | Comments(0)

新芽は足踏み状態

春蘭の新芽の伸びが遅すぎる!
芽が早く動いたものはすくわれるが一般にまだ土を少し切った状態で足踏みしている。
この春に採った蘭の芽出しを楽しみにこの時期を迎えたが寒い日が続きまだまだである。
春の遠征で採取した葉には変化が見られなかった散斑花
新芽は足踏み状態_f0043750_10365738.jpg
新芽は足踏み状態_f0043750_10365911.jpg
新芽があがってきたが葉先に縞は ”見えないなあ~”


# by shara53 | 2019-07-08 10:42 | 蘭らん | Comments(2)

白樺の林

先日、北八ヶ岳にある日本一の白樺林と銘打つ八千穂高原を歩いてきました。
最近一緒にボランティア活動をおこなうYAMANEKO楽舎さんのグループについての散策です。
森林インストラクターの藤本さんのご案内で白樺林の生い立ちや木々の間を教わりながら美林を観てきました。
白樺はもちろん下層にはベニバナイチヤクソウが見ごろで大群落があちらこちらで見られました。
春蘭の変わりを探し回っている僕の眼は斑入りのイチヤクソウを探して彷徨ってしまいます。
白樺の林_f0043750_08532255.jpg
夕方からは車山高原をドライブで楽しみました。
途中、カラマツ林の中にコバイケイソウの大群落が見えました。
白樺の林_f0043750_08532274.jpg
高原はレンゲツツジが見ごろ、よく見ると花色はいくつかあるようです。
白樺の林_f0043750_09123678.jpg
ニッコウキスゲはまだほとんどが蕾、一輪だけ咲いていました。
白樺の林_f0043750_08532286.jpg
翌日は雨模様!
八ヶ島湿原を歩きました。華時期にはまだ少し早いようです。いくつかの種類がボチボチと咲きはじめたといったところ。
木道にはクマかと思われるふんが落ちていましたがビジターセンターで確認するとキツネではとのことでした。
白樺の林_f0043750_08582398.jpg
咲きはじめたグンナイフウロ、高山で見たこの花はもっと青みがかっていたと思うが・・・・。
白樺の林_f0043750_09150839.jpg
湖沼にはカキツバタがちらほらさいてました。
白樺の林_f0043750_08532632.jpg
コバイケイソウと吾亦紅
白樺の林_f0043750_08532230.jpg




# by shara53 | 2019-06-29 09:58 | ほか | Comments(0)

分蜂

ミツバチの巣箱を3つ用意したが入ったのは一つだけ。
桜の木に巣くう二ホンミツバチの分蜂を待ったが叶わずあきらめていたのだが
二日前、近くの中学校に二ホンミツバチではないとは思うが分蜂の一群が見られた
分蜂_f0043750_20285780.jpg
結構大きな群れで、採りたかったが友人が欲しがっていたので取ってもらうことにした。
巣箱にかき集めると興奮したミツバチたちは時間がたつと割と簡単に巣箱に自ら入っていった。
翌日は残りの100匹くらいがまだ木に塊となっていたので掃除機で吸い取ろうとすると大興奮!
ミツバチといえどハチは蜂、
ひつように攻撃され鼻の穴に一撃を喰らってしまった。
ちかちかと痛かったので鼻毛を抜きとるように刺し針を抜き取った。
ミツバチは挿し終るとお尻の針を残していくという話を聞いたことがあるが本当でした。
痛みは4~5時間後には消えてしまったが、油断はいけないと悟った事件だった。


# by shara53 | 2019-06-21 20:38 | ログ暮らし | Comments(0)

春蘭の実生床

昨年、春蘭の株もとに撒いたウチョウランの芽がいっぱい出てきました
今度の芽は赤花期待のものなので楽しみです。少し緑色が薄いようなので白の強い赤なら期待どおりです。
何故か伊豆で採った山取りの覆輪株には良く発芽します。
春蘭の実生床_f0043750_22174714.jpg
春蘭の実生床_f0043750_22174549.jpg
4年前の実生苗は今年見事な株立ちとなりました、いい花はなかったけれどね。
春蘭の実生床_f0043750_22181481.jpg

# by shara53 | 2019-06-20 22:24 | 蘭らん | Comments(0)

せっかくの見ごろを逃した

梅雨麻、やっと花菖蒲を見る時間がとれた。
しかし、やや遅し。見ごろを過ぎてしまった
夜明けの咲きはじめを見てしまうとその時間以外は観賞価値が下がってしまいます。
せっかくの見ごろを逃した_f0043750_09483618.jpg
今日は時期も時間も遅かった。
自宅近くの調整池周りに実生した花菖蒲を植えて楽しもうと数年がたち菖蒲園らしくなってきのですが
明日は雨予報、今年はこれでおしまいです。
お気に入りの花、翠暎
せっかくの見ごろを逃した_f0043750_09483207.jpg



# by shara53 | 2019-06-14 09:52 | ログ暮らし | Comments(0)

孤高の動物だった はずだが

ニホンカモシカもシカと同様爆発的に増えている
こんなところにも出たよとよく耳にする。
実際こんなところで3匹ものカモシカに出くわした
沢沿いの人道をこちらに向かって歩いてくる。
声を掛けたら2~3分こっちを見てトコトコと右手の崖を登り始めた。
孤高の動物だった はずだが_f0043750_21265393.jpg
木の陰からひょっこりと顔を出す。
懐かしい顔だが感動はもうない
孤高の動物だった はずだが_f0043750_21265036.jpg
近くにはもみの大木に根をはる木斛蘭が花を咲かせていた
孤高の動物だった はずだが_f0043750_21275222.jpg



# by shara53 | 2019-06-04 21:37 | ログ暮らし | Comments(0)

天空の城山

雨上がりの朝、葛城山にガスがかかり
城山がまさに天空のお城のようでした!
天空の城山_f0043750_08182667.jpg
ベランダから200㎜レンズ相当で撮影



# by shara53 | 2019-05-29 08:20 | ログ暮らし | Comments(1)

カテゴリ

全体
ログ暮らし
釣りんぼ
蘭らん
ほか
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
ブログ

画像一覧