人気ブログランキング |


妖艶の春蘭に魅せられる


by shara53

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

凛花まじか

今朝は4℃!
新しく雪をかぶった富士が夜明けから凛々しい。
富士の前の愛鷹山にも雪がかぶった。
凛花まじか_f0043750_08560802.jpg
寒雨の中昨日3株の杭州寒蘭がベロが出した、いよいよ咲いてきます。
今日は久しぶりの晴、日に当たり咲きはじめの蘭は特別!感無量です。
凛花まじか_f0043750_08563234.jpg
凛花まじか_f0043750_08563495.jpg
凛花まじか_f0043750_08560281.jpg



# by shara53 | 2019-11-29 09:02 | 蘭らん | Comments(0)

もう一息

もう一息で杭州寒蘭の開花となる。
咲くまでが華なのだが翡翠色にかかる覆輪を見ていると夢心地!
もう一息_f0043750_17154601.jpg
もう一息_f0043750_17154604.jpg
もう一息_f0043750_17154649.jpg

# by shara53 | 2019-11-25 17:16 | 蘭らん | Comments(3)

あお~い空の窯開け

土筆窯での窯出しです。
空真っ青‼1日楽しませていただきました。
あお~い空の窯開け_f0043750_21250048.jpg
稲木先生と作品群
下は鰈の箸置き、かわゆいです。
あお~い空の窯開け_f0043750_21301109.jpg
下は私の信楽粘土で作った春蘭五角鉢、いい感じの大きさで仕上がりました。
あお~い空の窯開け_f0043750_21253674.jpg
黒御影の春蘭鉢、柄もんでもいいかなあ!
あお~い空の窯開け_f0043750_21285431.jpg


# by shara53 | 2019-11-16 21:39 | ログ暮らし | Comments(0)

枯れゆく中に華

富士の冠雪と共に花の季節の到来です
昨日、寒蘭の豊雪が一花開きました。
例年より3~4日遅れですね、今週末から寒蘭展が花盛り
皆さん開花が間に合ったでしょうかね?
枯れゆく中に華_f0043750_07480125.jpg
枯れゆく中に華_f0043750_07480242.jpg

# by shara53 | 2019-11-15 07:48 | 蘭らん | Comments(0)

5年の成果

木勢をなくした寒蘭が伊豆にきてから5年目を迎え小さいながらも幾鉢かに花芽があがってきた。
どんな花が咲いていたかは思い出すこともできないがどれも杭州寒蘭らしく青に覆輪がかかっているのがよくわかる。
本芸はまだまだ先になるとは思うがどんな花に開くかあと一ヵ月の辛抱である!
5年の成果_f0043750_10244364.jpg
5年の成果_f0043750_10244214.jpg
5年の成果_f0043750_10243938.jpg

# by shara53 | 2019-11-10 10:27 | 蘭らん | Comments(0)

白縞のその後Ⅲ

春に採取した遠征時の縞の今年の芽がほぼでき上ってきた。
白縞を期待したが白黄の縞になった。柄も源平気味で不安定な要素もあるようだ。
青を外した前株にはまだ次の芽がでてこないよ~。
白縞のその後Ⅲ_f0043750_10152956.jpg
遠征時に採ったもどき色花
朱金にでもなればと思って期待してはいるがどんなんかな?蕾に少し色がありそう!
白縞のその後Ⅲ_f0043750_10152789.jpg
こちらは一番黄色みが強かった株
結構黄色っぽくはなってはいるがもやしかな~。
白縞のその後Ⅲ_f0043750_10152978.jpg

# by shara53 | 2019-11-08 10:19 | 蘭らん | Comments(2)

1226℃

只今窯の中の温度は1220〜1230℃に保つようにくべています。真夜中、沢の音が流れるなかパチパチと薪が燃える音が心地よいです❗
1226℃_f0043750_02195150.jpg
今回は懲りずに春蘭鉢を五つ窯に入れてもらっています。1200℃を越えると鉄の窯蓋が赤く焼けてきます。
1226℃_f0043750_02201787.jpg

窯の中は炎がのたうち回り生き物の様です!
今日で7日目、もう一息でかま焚き終了ですね。
1226℃_f0043750_02203049.jpg

# by shara53 | 2019-11-04 02:17 | ログ暮らし | Comments(2)

五角鉢

中伊豆の土筆窯で春蘭鉢を作らせてもらっています。
今回は信楽焼3鉢と黒御影2鉢、いづれも5角形の鉢です。
前回は口が開きすぎていたので少し優しい形にしてみました。
11月上旬に焼きあがる予定なので来春には植えた春蘭を楽しめるかな。
五角鉢_f0043750_17063198.jpg
信楽の粘土板にワサビ・モミジなどの葉を押し付け柄にしました
五角鉢_f0043750_17063064.jpg
五角鉢_f0043750_17063039.jpg
五角鉢_f0043750_17063067.jpg

# by shara53 | 2019-09-30 17:21 | 蘭らん | Comments(2)

何か違う?

新月を待って秋の夜釣りに出かけた。
先客は一人、帰るところだった、釣り?と聞くと潜って釣ると奇怪なことをいう。
なんと海に潜り魚を見て針で釣るそうだ、みんなに邪道だと言われるが収穫は多いとのこと。
今日はアカハタ5枚釣った?そうである。
風もなく崖をとぼとぼ歩き釣り座へ!早速1投目:へこへことアイゴがかかる。次は木っ端メジナが3枚、続いてフエフキがかかる。
今度はイスズミだ、いづれも30センチ前後引きは楽しめるがなんか魚の顔ぶれから水温が高そうだ。
いよいよ夕間詰め、期待にウキの沈むのを待つ。弱い引きに合わせるとハタンポ、ウキが走ったので合わせるとこれもハタンポ!
間詰めから2時間、ハタンポの山である。30くらいは釣っただろうか、今日の釣りはダメだ~、とあきらめかけたときグ~と竿を持っていかれた。何かかかったが重いだけで動かない。しばらく我慢するともそもそと魚が動いたのでリールを巻き、魚が浮いた。暗闇にタモを入れるとなんと”おじさん”ではないか。いや~水温が高すぎるのかなあ。伊豆の南の神子元島でおじさんばかりを釣った記憶があるがこの釣り座でこいつは初めてである。本命のイサキはアタリも皆無。潮目が変わったのでダメもとで少し沖に餌を流すと、どうだ!あきらめていたイサキ様の手ごたえ。30cm越えのイサキだった。ポイントを変えたとたん、やっと目標の15匹、35センチを頭に結構良い型がそろった。あきらめなくてよかった、”おじさん”はおまけだが40cm弱の大き目なのを3匹ゲット!十分な秋の獲物となった。
何か違う?_f0043750_22023269.jpg

# by shara53 | 2019-09-28 22:41 | 釣りんぼ | Comments(0)

宇宙渦?

これはなんでしょうか?
宇宙渦?_f0043750_20035185.jpg
空にぽっかりと浮かんでいました。
NHKのpm7:00の天気予報で正解がでましたね。
『吊るし雲』とゆうんだそうです。
でもこれはレンズ雲といった方がよいくらいですね!
富士山の脇にぽっかりと浮かんでいました。
朝陽がさし幻想的でもありました。
宇宙渦?_f0043750_20035382.jpg

# by shara53 | 2019-09-24 20:11 | ログ暮らし | Comments(2)

カテゴリ

全体
ログ暮らし
釣りんぼ
蘭らん
ほか
未分類

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
ブログ

画像一覧