湧きグレ

あれが、湧きグレ・・・・・・
話には聞いていたのだが、まさかあれがメジナの群れだったとは。
冬を迎えるある時期にあの警戒心が強いメジナが、それも40センチもあろうか、がだ、よれのあぶくにそってパクパクと口が見える。ゆるい流れに沿ってずっと浮いているのだ。

なんだ、また、ぼらの大群がやってきたと思い込み、 ま、ボラではな~ と思いつつ取り出したカメラをまたしまいこんでしまった。
初めての光景であった と 後で知った。
くやしか~。
釣れなくてもいいから写真はほしかった。
また、何時かは出会いたい。。。。。。。。。。。。。

土曜日の伊豆の某所釣行での出来事であったが、今日知ったおろか釣り師です。
# by shara53 | 2006-11-20 20:47 | 釣りんぼ | Comments(0)

冷い雨

暗い冷たい雨に木々も降参です。
今日は立ち上がったばかりのボランティア仲間での山での間伐の予定でしたが、やむ終えなく窓から外を眺めています。2重ガラスに映る明かりの侘びしいことこのうえない。
  蘭小屋から一鉢を景色に加え、眺めて1日が終わりです。
f0043750_20353516.jpg

# by shara53 | 2006-11-19 20:33 | ログ暮らし | Comments(0)

北の便り

朝もやの中から冷え切った富士がお目見えです。
このところよい富士が目白押しです。
f0043750_21462628.jpg


冬への道その1

f0043750_214988.jpg
北海道根室から直送便でカニです。カニちらし。焼きガニ。カニ汁。カニなべ、もちろんキノコ入りです。こどもっちを呼び寄せていただきました。



冬への道その2
f0043750_21522100.jpg

いよいよ薪ストーブの出番です。
このストーブはログ材と一緒にコンテナで直輸入したものですが、耐火煉瓦製なのでカアッとはあつくなりません。柔らかい暖かさです。
今年は薪が十分にあります。寒さいつでもOKです。
# by shara53 | 2006-11-12 22:02 | ログ暮らし | Comments(5)

キノコいっぱい

今年はだめかと思っていたキノコがこのところ快調に採れてます。
幼菌をみつけ気にかけておかないとあっという間にお化け茸になってしまいます。
注意!注意!。
f0043750_2271672.jpgf0043750_2273250.jpg

   日曜日のヒラタケ             今日の同株
# by shara53 | 2006-11-08 22:14 | ログ暮らし | Comments(0)

冬のはしり

朝、5:40 4℃を下まわってます。
これまでいっぺんに下がった年はありません。夕べのうちに蘭小屋の窓ガラスを取り付けたのでそんなに心配は要らないと思うのだが、十数年前、12月の初旬に一気に氷点下になったことがあり、家の中に取り込んだ数鉢を除いて、全て凍って溶けてしまった苦い思いがよみがえります。そんときは蘭熱もまったくさめてしまいました。
とはいえ、今の小屋もそこいらじゅうから風がながれてゆく。この12月までには何とか手立てをとおもいながら冬をむかえてしまった。
f0043750_6114933.jpg

    けさの富士をおとどけします。

   ・・・・やっと強い西風が吹いた。
      いよいよもう少しでメジナ釣りシーズン突入です。
# by shara53 | 2006-11-08 06:13 | Comments(2)

奇怪杭州

ソンチョに見つかってしまいました。
記念にムラから流れてきて伊豆の棚に今年、唯一咲いた花を紹介します。
f0043750_20282262.jpg



こんなのしか咲きません。ここ棚は去年から狂いっぱなしです。
からい蘭つくりのせいなのでしょうか?新木の中から花が顔を出しました。
# by shara53 | 2006-11-06 20:34 | 蘭らん | Comments(2)

ナメコ盛況なり

        採りそこなったナメコがまた顔を出し始めた。
f0043750_20141184.jpg


f0043750_20153517.jpg

一株は、これがナメコ?と別キノコの容姿で成長した。
結局は多くのナメコを手に入れ、先週の無念さを回収し、今夜、13夜月とともにいただきました。
# by shara53 | 2006-11-03 20:19 | ログ暮らし | Comments(3)

一雨のめぐみ

f0043750_2128195.jpg

まとまった雨のなかった10月の終わり、忘れていた植菌キノコを見に裏の林へ入ってびっくりです。
旬の真っ最中です。クリタケが見事に楢のホダ木を埋め尽くすほどの勢いで栗色の笠を広げております。
こんなにたくさんどうしようかいな。
ほんと、きれいなものです。初めて植菌したクリタケですが、山で採ってきたクリタケとまったく同じでした(これはあたりまえのこと)。安心しました。これで独学でエイッと食べたキノコは間違いなくクリタケであったことが証明された。
f0043750_21302828.jpg

一方、上段に植菌したナメタケは、すでにかさが黒ずんで腐り落ちそうではないか。去年は少ししか採れず期待していたのに、なんと指ほどの柄を持った傘が幾重にもそっくり返っていてとてもナメコの姿もない。ああ、こんなに多く生えるとはな~。もったいない。
# by shara53 | 2006-10-29 21:29 | ログ暮らし | Comments(0)

妻良の磯

釣り師に連れられて(お願いして)妻良の磯へ釣行です。
朝暗いうちから出航、なんと4時半です。ヘッドライトを持っていないわたくしめは、身動きが取れません。真っ暗闇やみに磯に乗るとはおもいませんでした。
さて、今日は優秀な釣り師のおかげで乗りたくてもあまリ乗ることができない
『一ツ根』に渡礁させていただきました。
f0043750_1841523.jpg

釣り師【M】は、セミプロ。
本場の磯で本流釣りの仕方のご指南をうけ、すこしは理解できた模様であります。
本日の釣果は、大きくて30センチ強のメジナでしたが、じゅうぶん練習にはなりました。
来週は、釣り大会。景品はいただきの予感です。
ちなみにこの時期この釣り場はオナガの大きいのが出るということですが、僕の腕では案の定、無理があったようです。
# by shara53 | 2006-10-21 18:14 | 釣りんぼ | Comments(0)

カマキリの秋

f0043750_23115727.jpg
出張での早上がりで、午後4時ごろから自由時間。ラッキーな時間が持てました。
庭先の6年目を迎えたドウダンツツジの先芽にカマキリが産卵中です。カマキリの卵はよく見かけるけれど意中も茶色か黒っぽい目立たない色合いですが、生みたてはブルーがかったきれいな色には予想外ですこし感動ものでした。



f0043750_239048.jpg

このところ時間がまとまって取りづらくちょっとの合間に近隣の生き物を探しているのですが、虫では圧倒的にカマキリが今の季節は目に付きます。
食いだめ?産卵のためにいたるところでカマキリの狩を見ることができます。
ゆったりと歩くカマキリとは違い、獲物狩る一瞬の釜を振る動作は見ものです。本当に一瞬で獲物をしとめます。
見事です。
# by shara53 | 2006-10-19 23:15 | Comments(0)