人気ブログランキング |


妖艶の春蘭に魅せられる


by shara53

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五角鉢

中伊豆の土筆窯で春蘭鉢を作らせてもらっています。
今回は信楽焼3鉢と黒御影2鉢、いづれも5角形の鉢です。
前回は口が開きすぎていたので少し優しい形にしてみました。
11月上旬に焼きあがる予定なので来春には植えた春蘭を楽しめるかな。
f0043750_17063198.jpg
信楽の粘土板にワサビ・モミジなどの葉を押し付け柄にしました
f0043750_17063064.jpg
f0043750_17063039.jpg
f0043750_17063067.jpg

by shara53 | 2019-09-30 17:21 | 蘭らん | Comments(2)

何か違う?

新月を待って秋の夜釣りに出かけた。
先客は一人、帰るところだった、釣り?と聞くと潜って釣ると奇怪なことをいう。
なんと海に潜り魚を見て針で釣るそうだ、みんなに邪道だと言われるが収穫は多いとのこと。
今日はアカハタ5枚釣った?そうである。
風もなく崖をとぼとぼ歩き釣り座へ!早速1投目:へこへことアイゴがかかる。次は木っ端メジナが3枚、続いてフエフキがかかる。
今度はイスズミだ、いづれも30センチ前後引きは楽しめるがなんか魚の顔ぶれから水温が高そうだ。
いよいよ夕間詰め、期待にウキの沈むのを待つ。弱い引きに合わせるとハタンポ、ウキが走ったので合わせるとこれもハタンポ!
間詰めから2時間、ハタンポの山である。30くらいは釣っただろうか、今日の釣りはダメだ~、とあきらめかけたときグ~と竿を持っていかれた。何かかかったが重いだけで動かない。しばらく我慢するともそもそと魚が動いたのでリールを巻き、魚が浮いた。暗闇にタモを入れるとなんと”おじさん”ではないか。いや~水温が高すぎるのかなあ。伊豆の南の神子元島でおじさんばかりを釣った記憶があるがこの釣り座でこいつは初めてである。本命のイサキはアタリも皆無。潮目が変わったのでダメもとで少し沖に餌を流すと、どうだ!あきらめていたイサキ様の手ごたえ。30cm越えのイサキだった。ポイントを変えたとたん、やっと目標の15匹、35センチを頭に結構良い型がそろった。あきらめなくてよかった、”おじさん”はおまけだが40cm弱の大き目なのを3匹ゲット!十分な秋の獲物となった。
f0043750_22023269.jpg

by shara53 | 2019-09-28 22:41 | 釣りんぼ | Comments(0)

宇宙渦?

これはなんでしょうか?
f0043750_20035185.jpg
空にぽっかりと浮かんでいました。
NHKのpm7:00の天気予報で正解がでましたね。
『吊るし雲』とゆうんだそうです。
でもこれはレンズ雲といった方がよいくらいですね!
富士山の脇にぽっかりと浮かんでいました。
朝陽がさし幻想的でもありました。
f0043750_20035382.jpg

by shara53 | 2019-09-24 20:11 | ログ暮らし | Comments(2)

虹が現れたり消えたり

東の空から陽がさしてこのところ寝姿山(観音さんが横になった頭に見えますか?手前は城山)によく虹がかかる。       
f0043750_10245118.jpg
虹が出たり消えたりしながらわが家に迫ってきます。
目の前に来たと慌ててカメラをとりだすが頭の上を通り過ぎてしまった!
(ベランダより)
後ろの山から徐々にこちらの方へ、もう目の前に虹がかかっています。
f0043750_10245410.jpg
幸運を運んでくれれば良いのだがそうはいかなかった。
遠征で採った縞の春蘭、2匹目のドジョウを狙って芽をかき株を割ったものの
出てきたのはやはり青葉だった、めげずにもう一度と芽かきをした。
f0043750_10251593.jpg
株を割って出てきた新芽(記事)は4枚目の葉が見え始めた
半身に偏り気味な縞ではあるが葉の裏側は白っぽくなってます。
でも葉が細く伊豆の蘭みたいです。
f0043750_10251221.jpg


by shara53 | 2019-09-23 10:45 | 蘭らん | Comments(3)

国際体験

昨日は日本在住のフランス人のボーイズガールズスカウトの皆さんが森のボランティアに参加してくれました。
森林整備活動の体験で間伐作業に参加したのですが日本の子供たちと全く違う動きにびっくりです。
f0043750_09461638.jpg
日本の子供たち=統制
フランスの子供=自由奔放
日本語はほとんど通じないのは別として、自分の興味を引くものにすぐ反応:積極的です。
指示に関係なく好きなところに飛んで行ってすぐ集中です。
勝手にナイフを取り出し木の皮をむきはじめたり危ないと言われた鉈を使いたがったり。
”これいけない・あれいけない“はナシ、すべて自己責任ですね!
この子達、団体としてまとめにくいが将来発想力に差が出そう❕



by shara53 | 2019-09-15 09:54 | ログ暮らし | Comments(0)

甘~い香りが

蘭小屋に入ると甘い良い香りがしている!
なんと、いただきもので何蘭かはわからないがいつまでも咲かないので蘭小屋の隅に放っておいた蘭が咲いていた。
素芯の蘭”でソシンラン?東洋ランには間違いないがなんでしょう?
f0043750_21371638.jpg
花の付け根には蜜はないです。
もう一つ咲いていました、村から来た”秀麗”です。杭州に交じって入荷したものですが爽やかな色の蘭です。
こちらの花には蜜が染み出ていました。
                
f0043750_21391459.jpg


by shara53 | 2019-09-14 21:43 | 蘭らん | Comments(0)

いつまでも蝉時雨

いつまで続くのかこの暑さ!
いろんな蝉が夕暮れに騒ぎ立てる。幾種もの蝉の声が重なりいつまでも騒々しい。
今年は抜け殻がとみに多くみられる。
杭州寒蘭の中にどうも葉姿が違う大株、なかなか咲かないので蘭小屋から外へほっぽりだしていた蘭。
枯れるかと思いきや何故か香りとともに咲いた!四季蘭かな~
葉にはセミの抜け殻が2個ぶら下がっていた。
f0043750_17322739.jpg
上ではツクツクボーシ賑やかだ。


by shara53 | 2019-09-03 17:34 | 蘭らん | Comments(2)

海はいいな~

久しぶりの釣りです!
6月のイサキシーズンにほとんど釣行ができずにいたので少し無理をして南伊豆まで行ってきました。
f0043750_10550353.jpg
空には秋の気配があるのだがうんと暑い、汗まみれになりながら磯を歩く。
岩礁から照り返す熱風に負けず目的地へ 148.png
体が冷えるのを待ってコマセを撒きはじめる、あまり魚の姿が見えてこないな~。
とりあえず刺し餌を入れる、パラパラと小メジナがかかる。
グ~と引きを感じあわすと、サンノジが掛った。次はアイゴ。いずれも30センチくらい。
f0043750_10545652.jpg
ボチボチと陽が落ちる。25センチくらいのメジナ、15cmの尾長がパラパラ釣れだす。
目的のイサキも15cm暗いのがいくつかかる。
6月のイサキシーズンにほとんど釣行ができずにいたので少し無理をして南伊豆まで行ってきました。
空には秋の気配があるのだがうんと暑い、汗まみれになりながら磯を歩く。
岩礁から照り返す熱風に負けず目的地へ 
体が冷えるのを待ってコマセを撒きはじめる、あまり魚の姿が見えてこないな~。
とりあえず刺し餌を入れる、パラパラと小メジナがかかる。
グ~と引きを感じあわすと、サンノジが掛った。次はアイゴ。いずれも30センチくらい。
ボチボチと陽が落ちる。25センチくらいのメジナ、15cmの尾長がパラパラ釣れだす。目的のイサキも15cmくらいのがいくつかかる。
夕まずめになると急にウキが走り出し、ヒラマサやカンパチの30cmくらいの幼魚が立て続けにかかる。
合間なく魚は掛かるが肝心なイサキは手ごろサイズは数匹、小物ばかりでお刺身サイズまで行かない。
今日は不覚にもオモリを忘れたのでタナ取りが旨く行かない。
久しぶりの釣りでラインの糸切れなどトラブルが続きウキを2個失った。
残りのウキは5号ウキ、苦心して仕掛けを作りなおし再トライ!
と、突然、引っ手繰るようなあたりに竿を伸されそうになり糸を放つ。深みに入られじっと我慢のやり取りです。
根負けしてあがってきたのは ”フエダイ” やっとおいしいお刺身が食べられます。
これからが地合いかもしれぬが雲行きが怪しくなってきたのでこれを機会に納竿とした。
f0043750_10545831.jpg

by shara53 | 2019-09-03 11:23 | 釣りんぼ | Comments(0)

カテゴリ

全体
ログ暮らし
釣りんぼ
蘭らん
ほか
未分類

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
ブログ

画像一覧