<   2017年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うかつだった

このところ黄色スズメバチがログや蘭小屋周りを飛び交っている。を
多いなとは思いつつ近づいた蜂を叩き落しているものの一向に減らない。
海老根をそろそろ消毒しなけりゃと思い筒エビネ小屋の方に入ると
何と天井に巣があるではないか!
20㎝ほどに育ち何匹も巣に取りついていた
f0043750_08241522.jpg
ハチジェットで撃退し巣を落とす。怖かったので翌日巣の残骸を見に行ったら中にはうごめく蜂の子たちがいた。
その後も生き残りの蜂たちが飛び回り
今度は春蘭・寒蘭の小屋に巣くい始めた、こりゃしばらく蜂との対峙がたいへんだ。




by shara53 | 2017-07-30 08:30 | ログ暮らし | Comments(2)

皮子平

天城山の皮子平にマメザクラを植る天城山の自然を守る会の活動に参加した。
ここ皮子平は天城山の噴火口後で伊豆に来た当初天城の稜線からブナ林をとおり
少し下ったところに馬酔木やヒメシャラの林のトンネルを抜けると
ススキ原が開けマメザクラが点々と咲いていた絶景でだった記憶がある。
それから20年くらいたったころには火口部が丸裸様になってマメザクラなどの植物が枯れ始めた。
(鹿が食べないアセビやツツジ、トリカブトなどだけが残る)
酸性雨だの色々憶測を呼んだが守る会や営林署の調査で鹿の被害だと確定できた所だ。
鹿柵を施し中伊豆中学校で種からマメザクラを育て植林をして元の景観に戻す活動である。
林道を走利車置き場から20分くらい歩くと皮小平だ。
子供たちは一本づつの桜をもって山に入る。
f0043750_07504029.jpg
柵の中はシカ害に合わず小木が生い茂り、植えたマメザクラも順調に育っていた。
f0043750_07504013.jpg



by shara53 | 2017-07-29 07:55 | ログ暮らし | Comments(0)

盆道づくり

お盆を迎える前にこの地区では『盆道づくり』と称して一斉に道の草刈りがある。
今日は、調整池周りの草刈り番だ。
隣の人が刈った草刈り場にカルガモの巣があった。
アワダチソウやススキを刈り取り丸見えになった巣には10コの卵があった。
f0043750_17271399.jpg
親鳥はいなかったがこれじゃ巣の放棄かと思いきや
午後見に行ったらしっかりと巣に入った親鳥がいた。
このくらいの覚悟がなきゃ子は育たないか。
丸見えの巣で外敵に襲われないことを祈る。
f0043750_17271391.jpg

by shara53 | 2017-07-23 17:30 | ログ暮らし | Comments(0)

盛夏にもまけず

暑い中ですが
おじさんたちはめげずに月1回の間伐作業に汗を流します。
ナラクヌギ林を通り抜けヒノキ林に入ります。
f0043750_14302542.jpg
塩づくり活動をしている戸田塩の会への薪の運搬が滞っているので
間伐⇒玉切り⇒搬出とメニューは豊富です。
f0043750_14302477.jpgf0043750_14302489.jpg

by shara53 | 2017-07-17 14:42 | ログ暮らし | Comments(0)

雨空は何処へ

九州での豪雨を想うと
雨を呼ぶなんて非国民的行動なのだが今年の伊豆地方は空梅雨
もう少し雨の欲しいところだが梅雨空はどこかに行ってしまったようだ
涼しかった朝の空は朝焼けが爽やかだった  ⇒  日中は日照りで猛暑 
⇒ 夕方の富士の空もこれまた爽やか
もう梅雨は開けてしまったんかい?
f0043750_21164002.jpg
朝焼けで目があいた。富士山は積乱雲の中だ
f0043750_21172930.jpg
夕暮れ時
f0043750_21164327.jpg
夕暮れには爽やかな富士となった


by shara53 | 2017-07-14 21:20 | ログ暮らし | Comments(0)

201707土筆窯

7/9(日)に土筆窯の窯開きにお手伝いに行ってきました。
大勢の方が窯開けを楽しみにやってきました。
火の神様は振り向いてくれたでしょうか?
f0043750_08305189.jpg
f0043750_08590364.jpg
今回私は春蘭鉢を3鉢焼いていただきました。
f0043750_08311654.jpg
黒御影鉢
f0043750_08354793.jpg
足部分
f0043750_08401047.jpg
設樂鉢







by shara53 | 2017-07-11 08:52 | ログ暮らし | Comments(0)

旬が過ぎゆく

旬のイサキを
と思っている間に今年は食べ損ねた。
遅き とは思ったが買い置きしたコマセがあるので一走り。
土曜の夜なので磯が込み合っているかが心配だったが車は結構入っていたが
みんな磯遊び?恐る恐る入った磯は我が一人102.png
f0043750_09000136.jpg
月が昇り始め、ガスはかかっているものの明るい。
この明るさじゃイサキの夜釣りはダメかも。
案の定、まづめになってもかかったのはサンノジ、アイゴのみ。
おまけにコサバも多い。今夜はだめだ。
月明かりがとどかない岩陰に流すとイサキらしきあたり。
25㎝と小さいがイサキが2匹が掛かった。でも、続かない。
コマセを撒けど流せどエサ取りやコサバばかりだ。
18:00~22:00の4時間でイサキ2匹じゃ帰られないなあ。
辞めようかと思ったがせっかくだからイサキがかかった岩陰の上まで崖を横ばい歩き釣り座を作る。
足元にエサを入れる、瞬間、かかった。イサキではなく30㎝のオナガだった。続いて少しのコマセと餌を入れる。
今度はゆっくりと浮がはいってゆく。軽く巻き上げると良型のイサキ。
続いてイサキ、またイサキ。あれよあれよという間に一時間でゆうに30匹を越してしまった。
f0043750_09000225.jpg
まさに穴釣り状態である、コマセもほとんど撒かずに釣れてくる。暑い中出かけた甲斐がありました。
月明かりでの夜釣りテクニックもマスターした気分です。
釣ったイサキも何とかまだ卵持ってましたヨ!

by shara53 | 2017-07-10 09:22 | 釣りんぼ | Comments(0)

誘われて御殿場にウチョウランを見に行ってきました。
ブリーダーと趣味家の実生を展示してあったのですがそれはまあ“スバラシイ”というしかありません。
昔、山で見たウチョウランの面影は全くないですね、別物です。
蘭は自然の趣が残っているものを良しとしている僕ですが、こうも変わり果てると
”すばらしい”としか言いようがありません。
2~3年で花が確認できるので手軽に実生できるのがウチョウランの良いところでしょうか。
f0043750_07511215.jpg
同一ポット苗の一鉢を手に入れた。
赤いウチョウランを春蘭床から咲かせますよ。


by shara53 | 2017-07-02 07:55 | 蘭らん | Comments(0)