<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

山の桜

家の山桜が一日で一気に5分咲きとなった。
あっという間の花の咲きようで華やいだ景色もよいが許すならゆっくりと咲きあがってほしい。
f0043750_2144238.jpg

目の前の景色がヒメシャラやエゴの新芽が桜の花に彩を添えて春~になった。
   フクロウもこのところよく鳴きいなくなったかと心配していたが健在の様子でうれしい。
by shara53 | 2015-03-31 21:46 | ログ暮らし | Comments(3)

桃山錦

桃山錦の赤縞の花が良い発色となった
しかし、こんなに赤かったかな?
f0043750_15511531.jpg
f0043750_15542599.jpg

         大虹の色があせて見えた
f0043750_155710100.jpg


by shara53 | 2015-03-29 15:57 | 蘭らん | Comments(1)

寄せ植え

国王殿の花がほどよく咲いた。
f0043750_2021598.jpg

国王殿の鉢の乗せたコケからつつじの実生が生えてきて切摘んでいるうちに蘭もしっかりしてきて花が咲いた。
by shara53 | 2015-03-28 20:24 | 蘭らん | Comments(0)

地植えの春蘭

数年前に地に放った春蘭。
草木が弱り蘭に直射日光が当たり始めたので掘り起こすことにした。
輪雪と大虹の同じくらいの株を植えたのだが成長にずいぶん差が出たものだ。
f0043750_19283064.jpg
f0043750_19283890.jpg

  覆輪株は6株にを分けられるほどに増えたが大虹はほとんどそのままの株だった。
  鉢からはい出、ふんだんな必要な養分を吸収した蘭たちを鉢に戻した。
  容姿は見られない感じだが力のある花を咲かせたこれらの株が地植えから力をもらった来年はどうなるの 
  かが楽しみだ。
  
by shara53 | 2015-03-23 19:33 | 蘭らん | Comments(2)

罠猟

先日、学生さんが伊豆の地を訪れた。
シカ駆除のための誘引飼料をテーマに研究をしているそうだ。
鹿の被害は一部地域のものだけではなく日本全土にかなりのスピードで広がっており
日本の農業への被害も莫大なものになっている。
田舎に残ったジジババが守り続けている農作も鹿との戦いで今や敗戦寸前に追い込まれているのも事実である。

          い~さんの猟小屋                        し~さんの奥の間

f0043750_6594925.jpgf0043750_701763.jpg

先日その学生さんと一緒に猟師さんに罠猟の現場を案内していただいた。いろんな工夫が経験から得た知恵を駆使しシカや猪と向き合っていた。しかし、両氏の絶対量も足りないし効率的でもない。
鹿の電気作を張り巡らして防除している方もおおいが今やシカが電柵に慣れてしまって鹿はひとっ飛びするか柵に突進し壊してでもおいしい野菜を手に入れてしまう。ますます山の食べ物から人里のおいしい作物を手に入れようとこの特にこの時期は里に下りて群れとなる。
  そんな折、この伊豆の地に訪れた学生さんはの地方の危機を感じ取っている数少ない若者の一人と思う。何とか一網打尽の方法を開発してほしいと願う。
by shara53 | 2015-03-22 07:06 | ログ暮らし | Comments(0)

雪岳山は咲けども・・

    蕾は素晴らしかったがあの覆輪の白さが・・・・惜しい!
    2日前
f0043750_817227.jpg


    今朝         
f0043750_8172088.jpg


    昨年譲っていただいた黄花の春蘭。
    黄色がまぶしい。藤木の黄=きびたき??
f0043750_8181482.jpg


by shara53 | 2015-03-21 08:27 | Comments(0)

春の雨上がり

春の雨で木々の芽吹きはじめた。
山ハンノキの花穂が光に輝き殺風景な山肌に色を染める。
f0043750_20505567.jpgf0043750_2045822.jpg
f0043750_20451962.jpg


     湿った朽木にキクラゲが殖えた。
f0043750_20474830.jpg

by shara53 | 2015-03-20 20:52 | ログ暮らし | Comments(0)

春蘭の目覚め

無加温のままで咲き始めてきた春蘭。室に入れて咲かせてみたいが今年も手が出せなかった。
すくっと花がのび上がらないまま凝ってしまうのか?
f0043750_21334486.jpg
f0043750_21335398.jpg
by shara53 | 2015-03-12 21:40 | 蘭らん | Comments(4)

in知床2

釧路は雪嵐
本日の到着便2便のみ。運よく釧路空港の空を2廻りしたが45分遅れで降り立った。
一路鶴センターへ。
途中でトレーラーとバスの事故で通行止め。タンチョウはは見られなかった。
f0043750_2224242.jpg

夕日ツアーも台無し。幣舞橋はやむおえず翌朝に歩いた。
f0043750_22244425.jpg

f0043750_22252329.jpg

雪のため釧路湿原SLは運航中止。摩周湖は雪で通行できず。ツインクルバスでウトロへ向かうしかなかった。
f0043750_22342068.jpg

道中で出会ったバス越しのエゾシカ。
こうして2日間の北海道は終わった。
が、後半は好天となりこの旅を挽回した。
f0043750_22344357.jpg

夜明け。流氷が輝く。
f0043750_22285651.jpg

夜間のハイキング。満月で知床の山々がくっきりと見えた。
流氷を見に網走へ。
f0043750_22305462.jpg

雪原のノロッコ号
f0043750_22321295.jpg

網走の海。肝心な流氷の接岸はなくはるか沖。
砕氷船は中国人でいっぱいだった。
f0043750_22325578.jpg

f0043750_22334723.jpg

by shara53 | 2015-03-11 22:49 | ほか | Comments(0)

in知床

ウトロは2mの雪でまいった。
3日目でやっと晴れ。夕日は綺麗だった。
f0043750_171707.jpg


   ここに来れば誰でも”バーダー”だ。
   トビよりオジロワシのほうがずっと多い。20羽以上は見た。
   オオワシは綺麗だった。5~6羽くらいかな。
f0043750_1721156.jpgf0043750_17213843.jpg

   知床の山の中を歩いた。
f0043750_17221815.jpg


f0043750_17392210.jpg


エゾジカは海岸線でいくらでも見られ、全然逃げない。
f0043750_17421736.jpg


流氷に埋まる海をしり目に岸壁でまどろむエゾシカたち。
f0043750_17243463.jpg


キタキツネがトコトコと歩き回る知床。やはりここは別天地。
f0043750_17223542.jpg

by shara53 | 2015-03-08 17:48 | ほか | Comments(0)