<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ぐるし~

                木々が藤ヅルで締め上げられて悲鳴をあげている
f0043750_20412620.jpg


                 ヒノキを巻こんでしまったフジ蔓。
f0043750_2042683.jpg


         今日は森林伊豆の会の定例活動日。フィールドの終盤整備に山に入る。
f0043750_20482469.jpg

       
by shara53 | 2014-01-26 20:46 | ログ暮らし | Comments(0)

ドラミング

上の林ではのびはじめた日を察していち早くアオゲラが宣言開始だ。
   カッカッカ………。ドラミングがはじまった。
f0043750_23415793.jpg


   蘭小屋にも寒いながら春を思わせる日差しが注ぐ。
       鉢の蘭探しがもう始まっている。
f0043750_23435850.jpg

by shara53 | 2014-01-20 23:45 | ログ暮らし | Comments(0)

玉殿は楽し

暴れること好きな玉殿の松!
今年は極まった株が出来上がりそうだ。
数年前に一度立派に仕上がったが、その後黒がちであったり本数がそわなかったりで
観賞用の鉢にあげられなかった。
どうだ今年の出来は019.gif019.gif

f0043750_1926115.jpg

黒がちの株から作3年で上株になった。
f0043750_19253414.jpg


              暗っぽい変わり葉から進化し見ごたえのある株になっている。

f0043750_19275553.jpgf0043750_19462627.jpg
上株から靑がちになってしまった株。       バックを割ったらきれいに透けそうな新子があがったf0043750_19273267.jpg
f0043750_19511318.jpg
玉殿の特徴葉、よればやカニ葉が出やすい。新子は透けそうで透けない黄緑っ葉とヨレ葉が出た。
f0043750_1927147.jpgf0043750_19264943.jpg

この芯柄を種木に使えばよい柄へと進化しそうな感じがするのだが・・・・
      とにかく気難しいが捨てがたい草である。
by shara53 | 2014-01-19 19:58 | 蘭らん | Comments(0)

西北西の風強し

西伊豆堂ヶ島から雲見崎を望む
f0043750_0545026.jpg

夕方から西になるとの天気予報だ
こんなに穏やかな海なのにほんとか?と思いつつ南伊豆まで出かけてみた。
そよ風程度でやや冷たい風だが景色を楽しむには十分な天気だ。
岬で竿を出す。
20分ほどこませを入れたところで風が出てきた。東から西に変わったのだ。
そよ風がだんだんと強くなる。急いでつけ餌を投入した。しばらく流すと浮きがしもった。
ぐ~んとよい感じで竿に乗る。40㎝弱のメジナがあがった。
竿に当たる風が強くなりこませは風下へ飛んでしまう状況になってきた。風間をぬって餌をいれる。
浮きから目を離した瞬間にウキを持っていかれたらしく急いで合わせるが遅すぎた。完全に岩間に潜られたようだ。気を取り直しもう一投。またしてもあたり。ゆっくり合わせて先ほどよりかやや大きめのメジナをゲット。
夕まづめ、落日がきれいだ。が、風がますます強くなる。
風をよけ日没後2時間粘るが全くあたりがなくなってしまった。
ジ・エンド。もう2時間風が出なかったら爆釣だったかも…・・・・
風と波っ気がある夜は釣れないよ・・・・・とわかっているが、また寒い中、行ってきて後悔仕切り。
by shara53 | 2014-01-19 01:16 | 釣りんぼ | Comments(2)

乱展からみえたもの

自分の好きな蘭はほんとはどんなタイプ?
なかなか”これっ”て感覚がなかったが蘭花村の展示を見ているうちに”感じ”がつかめたような気がする。
蘭づくりの方向性が見えてきましたよ。
どんな草でもまずは作りこまねばよい花は咲かない。本性は現れないよ~と。
     ただし素質はなければ始まらないがまだまだ見抜く技量はないし蘭もない。

f0043750_2102614.jpg

     この素質のある草を如何にして作るかが今抱えている問題である。
by shara53 | 2014-01-13 21:05 | 蘭らん | Comments(3)

山の生活を偲ぶ

同僚から親父さんが浜松の奥地で大工だったのだが亡くなってしまって
山の自宅を締め、大工道具を譲っていただけるとのことででかけてきました。
作業小屋で山仕事の匂いが充満する中、ものいろさせていただき何種類ものカンナ、ノミ、キリ、ほぞ切り機などなど遠慮なしにいただいてきた。これから遊び小屋をつくる計画があり実用ものに感謝感謝です。
f0043750_20443812.jpg


               山からの材の搬出機は新しくワイヤーもそろっている。
f0043750_20455370.jpg


               藁なえ機、こんな懐かしいものもありました。
               もう行き先は決まっているそうです。
f0043750_2193386.jpg

               伊豆森ボランティアで使えるならばとオビノコもお話をいただいている。
               親父さん、大切に使わせていただきます。
by shara53 | 2014-01-13 20:48 | ログ暮らし | Comments(0)

透翠の妙

年が明け清い緑いろになた。
寒蘭がいよいよと鑑賞の時を迎えた。
f0043750_9482428.jpg

f0043750_9502790.jpg
f0043750_9481154.jpg


         養生中の固かった蕾も開きはじめ
         週末は見ごろとなるかなあ
f0043750_954185.jpg

by shara53 | 2014-01-05 09:54 | 蘭らん | Comments(0)

先斑かな?

昨年、Gさんが山からあげてきた春蘭実生木。
何となく先斑っぽかったのでよく見ると新木・2年木・3年木の心葉の先だけがボヤ化がある。
一応、続いているから斑としておきましょう。
f0043750_9385251.jpg

f0043750_941733.jpgf0043750_943239.jpg
f0043750_944530.jpg
by shara53 | 2014-01-05 09:11 | 蘭らん | Comments(1)

自制心

暮れから3が日のうちの1日は釣りにと決め込んでいたが
仕事と西風で我慢した。が、やはり我慢しきれなく西伊豆へ!!
夜釣りにはやはり少々波が高すぎで断念!
いつまでも若くないんだからと言われ””自制・自制”と仁科まで出かけたがUターンした。
f0043750_18555469.jpg


富士の頂の雪は風に飛ばされ荒々しい。
安良里の港にはおおくの外洋魚船が停泊していた。
f0043750_18591727.jpg


西伊豆の道路は正月客で込んでいたが抜け道を急いで帰り
日暮れには家にたどり着けた。
薪割をしたいと待っていた孫に指南。
斧を振り上げられるようになり日没となった。
f0043750_1933598.jpg


by shara53 | 2014-01-03 19:04 | 釣りんぼ | Comments(0)

クリの枯木

置台にとクリの枯れ木を削りました。
よい肌です。
f0043750_117443.jpg


石ばかりの世界にも対抗できるかな?
by shara53 | 2014-01-02 11:07 | 蘭らん | Comments(1)