襲われる~

乾いた空気となった今朝、気温22℃。
セミにはちっと肌寒いのか鳴き声が少ない。
f0043750_66792.jpg


      きのうの話。
      変態中のセミがに変な奴に襲われた。
      脱皮中に何度もやってきては何やらゴソゴソと・・・・
      まさか食べるつもりでは?
f0043750_69225.jpgf0043750_6104223.jpg
by shara53 | 2013-07-28 06:12 | ログ暮らし | Comments(2)

朝のにぎわい

4:30ちょうど
ヒグラシゼミの目覚ましが鳴った。
薄白の中での彼らの活力には短いが地上の楽園への意気込みが聞こえてくる。
目覚ましには少し早すぎるがほてり気味の躰には朝風が心地よい。
f0043750_6192219.jpg

蘭小屋には花芽を全く気付かれぬまに咲いた四季蘭のかすかだが甘い香りがあった。
写真を撮ろうとベランダに置いた蘭の向こうには小鳥の群れが忙しく通り過ぎた。
  シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ、エナガ、コゲラたち御一行様だ。
  どの鳥も子供を引き連れているのでにぎやかで忙しい。
by shara53 | 2013-07-27 06:26 | ログ暮らし | Comments(2)

たまには海へ

スパーに市場調査?に行ったらなんと30センチもののイサキが¥1400!!
刺身が食べたくなったのでおいしそうな魚をとでかけたものの、これでは手が出ない。
釣るしかないと、さっそく南伊豆へ夜釣りに出かけた。
f0043750_112458.jpg


        ↑ 『岩地海岸』        ↓ 『南伊豆子浦集落』 
f0043750_1113817.jpg


          
いくつかの入り江を眼下に見ながら釣り座に向かう。
月が満ちているので夜釣りには向かないが曇りがちとの予報で波もない。
海岸はここは穴場よと関東方面からの車で駐車場がない。(6~7台置けばいっぱいになるのだが・・・)
磯から少し離れた場所に車を置き『さあ、30分の磯歩きだ』リポビタンDを飲んで気合を入れた。
 釣り座は誰もいなく、汐はすみ雑魚も思ったほどいなくイサキ釣りにはよい環境が整った。
しかし、だ。予想に反して月が明るい。
サバっ子とネンブツダイでイカ遊びをしながら釣ることにした。
まづめにイカうきが汐に逆らって流れた。40数えて合わせた。ぐいぐいとは持ってゆかないがイカがのった。
10メートルくらい引いたがす~とはずれた。リールを巻きあげずほっておくとまた軽く乗った。3回ほど繰り返したとき急にグングン海底へひっぱられた。あたりである。これは大きい、こらえるのに力が入る、と、とたんにスコット餌が抜けた感じになった。
    あ~あ、はずれた。大きかった。取り逃がした獲物はやはり大きい・・・
あとはアカイカのちっさいのが4つ死んだサバでかかった。ウキを選べばいくつでも取れそうダ、が、そのウキが今日はない。

f0043750_11324194.jpg

f0043750_11365085.jpg 


8:30頃やっとイサキが食った。やはり月が薄く隠れた瞬間に食ってきた。がパラパラ。
月が消えた0時ごろから本格的に食ってきたが今日のおかずには十分なので納竿とし喘ぎながら岩原を横切り無事帰還となった。。
by shara53 | 2013-07-21 11:45 | 釣りんぼ | Comments(0)

もう穂が顔を出した。

村からやってきた錦の濃紫葉の新から穂花が顔を出す。
真っ黒かと思ったがまだ緑色。
f0043750_746277.jpgf0043750_7471631.jpg

    昨日の芽                 今朝の穂
       同じ品種の錦の強いきれいな株にはどんな穂が出てくるかお楽しみ
f0043750_7513421.jpg

by shara53 | 2013-07-20 07:52 | ログ暮らし | Comments(0)

集中して創りました。

土筆窯にお邪魔してます。
6時間集中して遊ばせてもらいました。
f0043750_20143689.jpg


タタラ、たらたら?タンタンときれっぱしをくっつけます。
f0043750_201657100.jpg


冷や汗とともに3時間でやっと一個、四面蘭鉢の完成です。
赤白mix信楽土と備前で作りました。腰下には邪道の文様入り。
秋には焼いていただけそうで、どんなんかな~と期待が膨らむ。

f0043750_20221895.jpg

by shara53 | 2013-07-16 20:26 | 蘭らん | Comments(0)

暑きをうけてグングン

出遅れていた杭州の芽も
この暑さのおかげ?で伸び始めてきた。
芽の先の生長部分が白がちなのがよい覆輪の花を咲かせるらしいが・・・
f0043750_14485529.jpgf0043750_14483218.jpg
f0043750_1448568.jpgf0043750_14473796.jpg
f0043750_14493012.jpg

by shara53 | 2013-07-14 14:54 | 蘭らん | Comments(0)

やっと玄関に網戸

ログに住まうて12年。
やっと玄関に網戸がはられた。
f0043750_5264621.jpgf0043750_5265955.jpg

        ビフォー                アフター

  毎年のように女房からせがまれていた玄関の網戸である。
  ログハウスは日本の家屋と構造が違うし窓額縁のサイズも違う。
  1700×2200サイズはなかなかホームセンターにはおいてないし一般には手に入りにくい。
  『サイズがない』 と言い逃れ続けていたが今年の暑さは尋常ではない。
  エアコンのない我が家は風が通り抜けなければログといえやはり暑い。
   女房が堪忍袋の緒が切れたらしい。知り合いの大工さんに手に入らぬかと声をかけ。
  で、ことはあっという間に進み、早速取り付けたというわけである。
  どうしても蛇腹タイプのものとの要望に少し手はかかったがきれいに玄関に収まった。
        今日はビールOKよと珍しく声がかかる。
        風呂上りに孫と至福の時間をいただいた。
f0043750_5401577.jpg

by shara53 | 2013-07-14 05:42 | ログ暮らし | Comments(0)

長四角鉢

       お気に入りの土筆鉢に似合う蘭を探しあてた。つもり・・・
f0043750_22194327.jpg


       やや細めの長四角のワサビ模様の入った土筆の一品!
       詰まった容姿の2条の久兵衛の真ん中に太い目がうごいている。
       この葉が伸びきるころに右端にあの野性味のあふれた蘭かがよれて咲きあがる。
             ちょっとした空間を創造してみなさい。
       5か月後のこの草にこの鉢はぴったりとはまると。
by shara53 | 2013-07-11 22:26 | 蘭らん | Comments(0)

蘭を小屋から幾鉢かを出して眺めてます。
夜も含めとぎれとぎれの仕事で疲れ果てた体を癒すにはゆったりした時間と山からの風が必須です。
エアコンのない生活には林を通り抜けてくる風と冷えたビールのみが救いです。
風の通り道に置いた蘭がすばらしき精を届けてくれています。
f0043750_192393.jpg
f0043750_1914517.jpg

by shara53 | 2013-07-09 19:04 | 蘭らん | Comments(0)

梅雨が明けた

さっそく孫らがクワガタを拾いに山へ連れて行けとせがむ。
下界は晴れて蒸し暑いが山の仕事場はまだ小雨が残っていた。
f0043750_2161091.jpg

はしゃぐ子らが林の入り口の木をひと蹴りいれる。
ポタッ ポタと虫が落ちる音がした。
はしゃぎまわる子らを見ていると田舎に住まうことの価値を実感する。
家のたもとにある温泉場の川にはアユ釣り師たちが竿をのばす。
昨日の雨が上がったばかりで人影はまばらだ。
光る川面に釣り師たちも心を洗ってゆく。

f0043750_21134982.jpg

                                 小川橋から
by shara53 | 2013-07-07 21:14 | ログ暮らし | Comments(0)