<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

心のユリ

f0043750_19571350.jpg



ここ中伊豆には自生してはいないけれどユリと言えばやはりササユリが一番である。
子供のころ渥美の裏山で摘み集めたユリの香りは心にまでしみ込んでいる。
庭にいろんなユリを植えたがなじんだユリは数種のみ。家周りのやまにはヤマユリが自生してはいるがやっぱりササユリの色気にはかなわない。
M先生が持ち込んでくれたおかげで我が庭には5本に花が咲き、群生とまではいかないまでも故里の思い出とともに香りを放っている。
by shara53 | 2012-06-22 20:13 | ログ暮らし | Comments(0)

自然界のエラー

時として神は生き物に進化すべき行動をあたえる。
何か違うと見直してみるとアレレ。
やっぱりおかしいこのカエルのペア。
こらえきれずに目の前を動く同属の異性にもよおし恍惚のカエルとなった。
もしもだヨ。これで受精卵ができたら新種誕生だよなあ。
自然は進化する。
f0043750_19473773.jpg


ヒキガエルにモリアオガエルが乗っかっていた。モリアオガエルの産卵が今年は遅れているとはいえでこぼこ肌のがま蛙の♀ではあたりがよくないだろうに。
by shara53 | 2012-06-21 19:51 | ログ暮らし | Comments(0)

サイズ更新

雨の前にと
自分をせかし南伊豆へ釣りに行った。
暗い海に立つと岩下は青白い光の波がざわざわと押し寄せていた。
これではだめだ。今日も夜の獲物は期待が持てないし実際、釣果はわずか。
   釣れたのは数匹だったがイサキの1匹は大きかった。
   イサキでは自己記録の43.5センチだ。特大である。
   ほかは、根の物。今日は煮つけか。
f0043750_9534869.jpgf0043750_954251.jpg

カサゴでもなくメバルでもない魚がかかった。ムライソと言うのだそうだ。
見るからに「煮付け用」の魚である。アオリイカ用の餌(ネンブツ)を抱え碇にかかった。
by shara53 | 2012-06-09 09:54 | 釣りんぼ | Comments(0)

f0043750_21233097.jpg山葵田にホタルを見に行ってきた。
そうだ。ホタルを見に行こうと思いたって午後7:20に家を出た。
山のなかの山葵田で待つこと10分。午後7時40分である。
ポ~っとふんわりと光が浮んだ。
ひとつづつ、あまり多くはないが今流行の放流ホタルではなく自然繁殖の山葵田ボタルが舞った。
乱舞とはいいがたいがほっとする時間をいただいた。

ホタルが見えない???。小さすぎて写真に写らなかった。
だれかホタルの撮りかた教えてくださいな。ヘイケボタルです。
f0043750_21253537.jpg

                        
by shara53 | 2012-06-06 21:27 | ログ暮らし | Comments(0)

静穏

f0043750_611930.jpg

             穏やかな海に霞む島々を背景にカヤックが浮かぶ
f0043750_6131541.jpg

伊豆に住んで27年がたつ。
山ばかり徘徊していた僕にとって伊豆半島は狭すぎた。誘われるがままに海に。
その海の青い深さに驚き、海カ通いが始まった。ただし、釣りにだが。
伊豆に住まう魅力のひとつには海にあるのは間違いない。
魚さかなで海通いしたが今思えば海を眺める気持ちの余裕はあまりなかったように思う。
こうして、立ち止まり海を眺めると悠久の時間がそこにあるのを気づかされた。
 今日は、岩地の入り江でカヤックが100艇以上は集まっていた。イベントでもあったのだろう。
こんな穏やかな海ならばさぞかし・遊休・の心にもなろう。
もう少し若い時期にこの風景に出会っていたら僕もカヤックを漕いでいることだろう。
     ※昨日は釣行予定で南伊豆に向かったが釣り場目前で呼び出しを喰らって
      この穏やかな海だけ眺めかえってきました。
by shara53 | 2012-06-03 06:29 | ほか | Comments(0)