<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

草陰にクリタケが

    今年はキノコが顔を出さぬ
    セシウムを察知してかホダ木から出てくるシイタケ、ナメタケ、ヒラタケどれも少ししか
    でてこない。やっと出たと思いきや、待ち構えたナメクジにひとたまりもなく消え去り
    我が口にはわずかしかやってこない。 こんな年もあるんだなあとぼやくことしきりです。

     今朝、何気なく見た草むらに、なんとクリタケが顔を出していた。そこそこの株数である。
    以前植菌したがもう忘れていた朽ちた木々からでてきた貴重なキノコである。
f0043750_20515661.jpg

       
by shara53 | 2011-11-17 20:52 | ログ暮らし | Comments(0)

窯入れ

         澄みきった富士の風をうけ
         土筆窯に作品群が並べられてゆきます。
         12月には新作鉢におさまった蘭たちの晴舞台が待ってます。
f0043750_2082432.jpg

by shara53 | 2011-11-12 20:09 | ログ暮らし | Comments(0)

晩色

f0043750_7511739.jpg


      白い頂の冨士はやはりよい。
      空の明け色で目が覚めた。
by shara53 | 2011-11-12 07:53 | ログ暮らし | Comments(0)

同日開花の妙

2株ある豊雪がまったく同じ日に朝一番で最下花の片花弁が開いた。
今年の開花は遅れ気味と思っていたが去年おととしとほぼ同じ日だった。
一昨年は11月8日にこれまた同じ日に2株とも咲いた。
植物の体内時計には驚かされるばかりである。
 でもためていたせいか夜にはもう4花も開いていた。

f0043750_21225589.jpgf0043750_2123884.jpg

    朝一番                    浅夜
by shara53 | 2011-11-07 21:29 | 蘭らん | Comments(0)

移転

蘭小屋の増築に迫られ西側の木々を切払った。
ぱっと明るくなったがしっとりとした空気が失われ
しばらくの間は蘭にとっては居心地がわるかろうと思う
    地に植えてから10年。エビネの各株10数個の玉はまさに海老根。ばらして移転した。
    沈丁花の陰のシュンラン2株『輪雪』『大虹』は息を吹きかえしこころよい株となっている。
    これは一旦、鉢にあげておこう。
f0043750_101033.jpg

    蘭小屋の陰でしっとりと育っている苔に日が当たりそうでちょっと心配である。
f0043750_1011432.jpg

by shara53 | 2011-11-06 10:12 | ログ暮らし | Comments(0)