<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くるみ

     胡桃の実
ログを建てたころ山梨からやってきた胡桃の実生が
10年ほどでやっと実を落とした。
  5粒だけだったがいただくことにした。
f0043750_17114180.jpg

  
  今日、ジョービタキ初認しました。ヒッカタンと懐かしい声。
  今、ホトトギスの花がまっさかり。雑草いと言うには風情がありすぎる花だ。
  でも、ここの蘭小屋周りでは最優先種。いくらか間引いたがあちらこちらで虫たちを呼ぶ。
f0043750_17211441.jpg

by shara53 | 2011-10-30 17:13 | ログ暮らし | Comments(0)

やす~い

   どしゃ降りの雨ではあったが賑わいを見せた
   伊東温泉魚まつり。
   気にはなっていたのですが初めての訪問です。
    朝9:00始まりとのことで10分前にはついたのですが人出がおおくびっくりです。
   もう長い列ができており魚が手に入るか心配なほどの賑わいでした。
f0043750_1993134.jpg


      6kgのワラサが3,000円。口のなかからカマス・イサキ・ムツがでてきました。
      シロダイ8尾300円、カマス2尾、カンパチ・イナダ40cmくらい各1尾、コロダイ2尾にイカ6杯
      サバも混じって1,300円。
      釣るよりはるかに安い今日の市。もっと早くくればよかった。
f0043750_1991731.jpg

by shara53 | 2011-10-22 19:22 | ログ暮らし | Comments(2)

お祭たけなわ

  心配された雨も上がって
  谷のあちらこちらで笛や太鼓のシャ切りが聞こえる
  姿のなかった子供たちも今日ばかりは家を這いで走り回っている。
  班の出し物も芸人が多いのには驚かされる。
   田舎のお祭は手作りイベント、さあ仲間にはいろう。
f0043750_19161493.jpgf0043750_1916243.jpg
by shara53 | 2011-10-16 19:16 | ログ暮らし | Comments(0)

海山幸のてんこもり

ボランティア冥利

2ヶ月ぶりの間伐作業。
戸田塩の会への間ウを伐材の提供のおれいに海の幸のゴチ。
  メギ、メヒカリ、〇〇エビ、マグロのかまのバーベキュウ。
  甘い戸田塩だけでおいしくいただきました。
  地元の差し入れシシ肉食べ放題。やわらかいにくだった。
f0043750_540546.jpg


   
by shara53 | 2011-10-11 05:41 | ログ暮らし | Comments(0)

秋冷の楽しみ

  今朝は10℃
  朝の冷たい光に苔の緑が浮かび上がる
  静かな空間にお気に入りの蘭たちをおいてみた。

                渥美窯
f0043750_8174239.jpg


                土筆窯
f0043750_8185927.jpgf0043750_8204041.jpg
f0043750_8202142.jpg

             鉢に似合う花が咲くことを楽しみにいましばらく待とう
by shara53 | 2011-10-08 08:27 | 蘭らん | Comments(0)

魚肥ゆる秋の入り

   100万匹のイサキが泳いでいるような釣りの入りである。
f0043750_16445866.jpg 夕マヅメに何とか間に合った地磯に一投目を投げ入れる。早速、ウキが走る。25センチくらいのアジがかかった。周りが暗くなった崖っぷちの取り込みは危険が伴う。小さな魚でも一匹目は慎重に取り込んだ。この一匹で今宵の運命は決まった。
2投目から棚を深めに流すと強引な引きでイサキがかかる。2号竿では抜けないくらいの37~8センチの良型だ。こいつを筆頭に次々と掛かる。急な岩に釣り座があるのでクーラーボックスに入れるときに飛び出す奴やいれ損なって海に落ちるものもある。大きい奴ははねる力も強く何匹かが海に戻っていった。が、また釣れる。
 3時間ほどでクーラー万杯。納竿とする。
30分くらいかけて岩肌を伝いこの釣り座を構えた苦労が報われた思いである。
地磯でこれほどのイサキの釣果があったことはうれしい限りであった。
万杯クーラーを背負子にくくりつけ高さ50~60メートルほどの岩壁を暗闇のなか車まで戻りつくのは大変だが
満足感で満ちた身体にはちょうどよい苦労だ。
人が入らないからこそ魚が残っているこの場に今度お目にかかるのは1年後としよう。
  
by shara53 | 2011-10-02 16:53 | 釣りんぼ | Comments(0)