妻良の夜釣

天候と波長が合わず3回も延びた夜釣りを楽しむf0043750_21215468.jpg
夜釣りなので4時の出航に間に合うよう午後2時に家を出た。いつもは早朝特急での運転なので景色を見る余裕などはありませんがところどころ西伊豆の海景色を見ながらの道のりです。
f0043750_2145151.jpg渡礁は最近お世話いただいている妻良の五平衛丸さん(最近市丸さんに権利変更されたようですが)です。今晩は5組の夜釣りの方とご一緒ですが仲間の2人で黒島に渡った。うす曇、東風少々。月なしで夜釣りには絶好の天候です。汐は小潮⇒長潮であまり期待はできませんが・・・

f0043750_21364348.jpg
西に向かい釣り座を決めコマセをうちはじめるころには薄っすらと夕日が見え隠れ。いよいよ第一回目の喰わせえの投入です。
磯竿2号・ハリス3号・伊瀬尼9号針・5号の電気玉ウキが今日の仕掛けです。
対象魚はもちろん今が旬のイサキ。50尾を目指し心が躍る。
早、先に竿を出した仲間は外道だが30センチ以上のメバルを引き抜いていた。

f0043750_21465369.jpg夕まづめから8時くらいは思ったよりあたりがなくメバル、フエフキのみであったがゆっくりとしたあたりにのんびりとあわせをくれ、竿を立てると突然ウキが海の中に消えゆく。強い引きだ。これが気をつけてといわれた5キロクラスのマダイなのか?。と思うまもなく針が外れる。また同じような浮きの消しこみ。スカッ!!今度はうろこが一枚針に引っかかって揚がった。大きな鱗。半分浅黒い赤色だ。やはりマダイ??またあたりだ。今度はしっかりと大きな魚ががかかった。すごく大きいし重い。糸を繰り出しながらのやり取りをしたがこれもすこし気を許した隙に磯に糸が当たりハリスが切れた。もう残念です。しばらくあたりがなく周りは夜光虫のいやな海になってしまった。夜光虫の潮目の明りが黒島を過ぎ一瞬、光らない海間ができた。そのときまた喰らいついた。今度は特別に引きが強い。沖に走る。間違いなくこの引きはハマダイ。定石どうりに糸を送る。が
突然プツリ。ああまた行ってしまった。やはり師匠のいうハリスは4号以上でなければ取れないのか。残念。残念。そして無念。

f0043750_2271534.jpg

こうして、今回の夜釣は本命のイサキは35センチくらいを頭に8本のみで終わったが何回もの大引きに釣れなくても次の釣に希望が開け満足のいくものであった。
朝、帰路には雲見の谷筋には自生のガクアジサイが山に色を添え、その先の黒崎から松崎の山々が朝もやにかすんでいた。

f0043750_22115467.jpg

by shara53 | 2008-06-28 22:05 | 釣りんぼ | Comments(0)

梅雨は出産期

シカたちの出産シーズンが始まったようです。
このところ道や開けた草地に出ていなかったシカたちに良く出くわします。昨日などは刈り込まれた山道を歩いていたら後ろから生まれたばかりのシカの仔が僕を追い越していった。今日は今日で2匹のメスが真昼間からお食事中。鹿の仔班も鮮やかに斜面を駆け上がってゆきまた。
お腹は大きくなく出産したのだとおもうが仔の姿は見えなかった。
f0043750_20113330.jpg

by shara53 | 2008-06-23 20:13 | Comments(2)

花菖蒲が満開。時間刻々と花の表情が違い朝昼夕と足を運んでしまいます。
f0043750_19482564.jpg

f0043750_19485286.jpg実生した花菖蒲も8割がた咲ききりいろんな花が咲いたのですが親を越す良い花は出てきませんでした。計画的に育種をしなければなかなか難しそうです。とはいっても花が咲き始めるとあらゆる虫たちが寄ってきて勝手に受粉させてしまうのでいかし方ありませんが。
by shara53 | 2008-06-15 19:58 | ログ暮らし | Comments(0)

山の雑草たち

f0043750_20211856.jpg玄関先でホタルブクロが咲き始めた。
園芸品種も多く出回っているが我が家に生えてくるのはみんな近く野山が起源である。
ここに住み始めたころホトトギスが珍しく1本山からいただいてきたら今や大群落。斑入りのミズヒキ、ナルコユリ、はたまたウツボグサなどなど、ログの回りは雑草だらけになってしまった。しかし、これらの花の咲き始めは季節を感じさせてくれる大切な品々である。
by shara53 | 2008-06-13 20:22 | Comments(0)

ヒメシャラの花

天城山にはじめて登ったときに見たヒメシャラの木肌の美しさが忘れられずに山で無数に生えていた実生の幼苗を60本ほどログの周りに植え、20本くらいが生き延び成長中です。成木にならないと綺麗な幹にならなくまだ何年も待たなければならないのですが、植えてから7年で今年は日当たりの良い場所の木にはいっぱい花がつきました。ナツツバキを小輪ですがかわいい花をいくつも咲かせ、エゴノキとナツツバキの中間的印象で風情があります。
f0043750_19521549.jpg


       ナツツバキ             エゴノキ
f0043750_19534133.jpgf0043750_19543125.jpg
by shara53 | 2008-06-11 19:58 | ログ暮らし | Comments(0)

梅雨の晴れ間に

f0043750_2122532.jpg早々の梅雨入りとなった今年はまだ、冬の薪が十分ではなく貴重な晴間を薪集めに精を出した。山では、ログの玄関にと直径50~60センチのヒノキを倒したままになっていて気になっていたが何とか無事転がっていた。
この夏には材料に仕上げなければと思うが、なかなか思うようにはことは進まないものだ。

f0043750_21251419.jpg
ログの周りの草地にはあちらこちらにモグラ塚ができている。家の周りの薪の切り屑や落ち葉の下には結構ミミズが多く運がよければモグラ(ヒミズモグラ)にも出会える。が、写真はない。
by shara53 | 2008-06-07 21:34 | ログ暮らし | Comments(0)

f0043750_21232035.jpg実生の花菖蒲が開き始めた。寒い雨のなか力がみなぎって咲いた。まだ咲はじめでなんともいえないが自然受粉なので当然といえばそれまでだが期待した以上に紫系が多い。花容も3英花である。しかし清楚な色合いのものもちらほらと見え、期待してしまう。今年は60株くらいが新花として咲きそうで楽しみである。
よく眺めると同じように見える紫系も色合いや容が全部違うようだ。しばらくはこのはな菖蒲で心が豊かになりそうだ。

f0043750_2134494.jpg

         実生の一番開花株です。水色がやさしい花だ。
by shara53 | 2008-06-03 21:24 | ログ暮らし | Comments(0)

f0043750_2144437.jpg

梅雨まえのさわやかな日を満喫しました。草刈、薪わり、垣根刈が予定まで終わりひといきです。優しい風が流した汗を吸いとってゆくこの心地よさ。林に当たるかげり日を受けて、コガクアジサイの白がまぶしいくらいだ。
 姿は見えないがすぐ近くの梢上でキビタキの声が透る。
by shara53 | 2008-06-01 21:10 | Comments(0)