f0043750_1253842.jpg すこし空が明るくなったが山鹿の天気は今日も雨。
蘭小屋の片隅にウチョウランの花がすこし開きかけてきたので玄関へだした。
植え替え時期が悪くできもよくないが雨の合間の明りくらいにはなるだろう。

f0043750_13184342.jpg
  ウチョウランの実生
春蘭の鉢にはこぼれ落ちた実生があちらこちらから生えてきた。
しょせん駄花の掛け合わせなので良い花は期待できないがこれら鉢の植え替えは来年まで待とう。
by shara53 | 2008-05-31 13:40 | 蘭らん | Comments(0)

急な寒さににょきにょきと去年撒いた花菖蒲の花穂が上がってきた。
初めての実生の花が咲き始める。300本ほど残した苗にいったいどんな花が咲くかがいまは大きな関心ごとである。
大きさや形のばらばらなのがよけいに想像を働かさせられるのである。
  咲くまでが華よと妻が笑う。
初花はどうも絞り模様がありそうなので藤絞りの血をいただいたものかなあ。
f0043750_20362037.jpg

     蘭小屋の前で蕾みをきそう花菖蒲
by shara53 | 2008-05-29 20:39 | ログ暮らし | Comments(0)

目を惹く赤い実

f0043750_21121875.jpgログの周りの低木のひとつ、ウグイスカグラの赤い実が目立つようになってきた。メジロたちが喜んで食べる実のひとつである。透き通るほどに赤くなった実を食すとあまくおいしい。種が気にはなるけれどじゅうぶんに食べられる。しかし、孫にあげると苦い顔をして吐き出してしまった。
by shara53 | 2008-05-28 21:13 | Comments(0)

逃げない増える鳥たち

     山の会社にはいろんなところに鳥たちが巣をかける。f0043750_20211997.jpg
今年は出入り口の下駄箱にしっかりとキセキレイが抱卵中だ。電線のボックスにはシジュウカラ、コンクリートの土手ブロックの穴にはハクセキレイ、鉄骨屋根の軒下はイソヒヨドリといったところか。極めつけは使用中のフォークリフトで、雛が巣立ったのは驚きである。

f0043750_20214370.jpg

by shara53 | 2008-05-27 20:25 | Comments(0)

いいゆだなあ

f0043750_19563345.jpg

こんな富士を見ながら日を送るとばちがあたるぞと天から親父の声がするようだ。
このところ姿を見せなかった富士山が夕方顔を出した。
何はともかく、外風呂をと急ぎこの景色に間に合った。

嗚呼、極楽である。
by shara53 | 2008-05-25 20:03 | ログ暮らし | Comments(0)

夜釣りのはずが・・・

去年の今頃、イサキ狙いの夜釣りで西伊豆の黒崎に渡礁し一晩中波高しで岩にしがみついていた苦い思い出があります。今年こそはと昨晩夜釣りを計画してきたのではあるがあいにく低気圧の接近で急慮朝からの釣りに変更です。西伊豆の磯はいつ行っても心を満たせてくれます(釣果は別としてですけど)。5kgのマダイは釣れませんでしたが雨もなくゆっくりと磯釣りを堪能してきました。磯上がりにはどこからかカラスの群れがやってきて汚した撒き餌のお掃除です。でもちょっこら不気味な感じがしないわけでもないのです・・・カモメの方が気持ちはよいかも?
f0043750_10122974.jpg
f0043750_10124353.jpg

by shara53 | 2008-05-25 10:14 | 釣りんぼ | Comments(0)

f0043750_6195324.jpg

昨日の豪雨で咲き始めたあやめが心配されたが草も倒れずにいてくれた。
昨年鉢植えの幼苗をログ下の空き地に植えたものだがしっかりした花を付けた。(後の斑入り葉は花菖蒲)

f0043750_624012.jpg
このアヤメは去年実生で自然に生えてきたものだがなんとなく虎斑っぽいので抜かずにおいたもので、綺麗とはいわないが結構見れそうな草となった。

いま、去年の花菖蒲の実生がいくつも蕾をあげ始めた。初めての実生栽培でこの6月はじゅうぶん楽しめそうだ。
by shara53 | 2008-05-21 06:36 | ログ暮らし | Comments(0)

朴の花が青空に心地よい

      五月らしき好い日は野良仕事に限るf0043750_224386.jpg
3月にいためた脇腹と足指がやっと使える身体になったので、好日の中薪集めと草刈に精をだす。気がつくと朴の白い華が芽にはいった。ログ建設中にはベランダに先芽がやっととどく程度であったが、ここ2~3年でぐっと大きくなり、いくつも咲きほこる花も下からではよくみえない。
屋根にあがり上からの花を眺めた。
f0043750_229196.jpg

  なかなか見ごたえのある花だが目の先で見られないのが残念である。
by shara53 | 2008-05-17 22:16 | ログ暮らし | Comments(0)

冷えて青緑色

北海道とまではいかないが今朝は冬に戻ったかのような寒さで薪を焚べた。最低気温5℃。雨も手伝ってすこぶる寒く感じる。
f0043750_2139034.jpg

午後から雨が病んだので裏の林を散歩した。シイタケのホダ木に寒さを感じてシイタケがでたとよろこんだのだが良く見るとすこし違う。おいしそうだがた食べるのを我慢した。

f0043750_21395444.jpg


桜の木下には下草の中からササバギンランの大株が白い花をのぞかせて青緑の色を感じさせる風情であった。
by shara53 | 2008-05-11 21:51 | Comments(0)

裏の山は金銀蘭の宝庫

f0043750_214210.jpg

キンランの季節である。
さわやかな朝日に黄色がまぶしい。この草は去年草刈木で刈ってしまって心配した株であるがまあまあの花を咲かせた。周りにも数本花を咲かせている。
f0043750_2133091.jpg裏の林のちょっとした谷だがここには毎年キンラン、ギンラン、ササバギンランが何本も生えてくる。ギンランは10本くらいまとまってはえているが群落のはずれに一本の曙らしき株があった。花が上がっていないのでなんともいえないが綺麗な班に見える。本班ならいいが・・・・・
伊豆に来たころキンランの見事な三光縞をみつけ鉢植えにしたが大きな株であったのだが3年でなくなってしまった。だから掘りあげるのはやめておこうとおもう。作する自信がある人があったら掘りあげますよ。
by shara53 | 2008-05-07 21:07 | 蘭らん | Comments(0)