ウバユリ

山道の程よい朝日が当たるところにウバユリの群落がある。2~3本の姿はよく見かけるが群落は中伊豆ではそう多くはない。
ユリの花なのだが群落になってもあでやかさはない。f0043750_22201822.jpgf0043750_22204387.jpg







ユリの仲間で食用なのだがイノシシの被害にはあわないのだろうか?
by shara53 | 2006-07-31 22:25 | Comments(3)

緑色

まぶしいような緑の色に出会う。
5年ぶりのタマムシである。ログを建設中にどこからともなく飛んできてログ壁についた忘れない色である。小学校のころから憧れのタマムシではあるがなかなかお目にかからないでいたのがここ中伊豆に来て2回目のお目見えである。
しっかりと写真を撮ろうと構えた瞬間飛んでいってしまった。
f0043750_21243613.jpg

f0043750_2124519.jpg


もう一つの明るい緑の虫、カナブン。これもまじまじと見ると輝く緑色だ。
でも、たくさんいるから惹かれないのだろうか。輝く色なのになあ!!
by shara53 | 2006-07-30 21:28 | Comments(0)

クワガタむし

友人からクワガタムシをイベントに使いたいからといわれて、100匹OKよと軽く返事をしてしまった。昔の感覚で簡単に取れると思っていたが、まずいことになりそうです。シイタケ栽培農家が激減しクヌギ林を管理する人が少なくなったせいなのでしょう。ここ伊豆でも限られた林しか見られなくなり、おのずとクワガタを探す林も限られるわけです。今朝は5時おきし一番のポイントにいってびっくり。もう3組の虫取りやさんがいるではないですか。一組は親子連れなのでゆっくり楽しんでもらうためこの場所はあきらめました。その後いくつかポイントをまわったのですがどこも人が入った気配があり、その気にならなくなってしまい数匹のクワガタとここでは少ないカブトのペアを採取し今日はおしまいです。

f0043750_15291996.jpg


今日採取したノコギリクワガタのきれいな個体です。このくらい赤色が強いとなにか別種みたいな感じがします。
by shara53 | 2006-07-29 15:32 | Comments(0)

ショウドウツバメ

雨が終わった夕方、急にツバメが多く目に入った。
巣立ち後のツバメがそろそろこの山の広場に集まりだしたのかと思って見ていると何かちょっと小ぶりで翼も容が違う様子である。ショウドウツバメである。どこともなく急に舞い降りてきて電線に並んだ。数えると200羽以上はいる。ちょっとした集合写真になるのだがあいにくカメラを今日は持ち合わせていなかった。明日また来るだろうと今日を向かえ、夕刻にカメラを用意したのだが数羽のいつものツバメたちだけであった。
ザンネン。

ほんの渡りの一泊の仮宿であったのかと悔やむ。
by shara53 | 2006-07-26 21:42 | Comments(0)

これも蜂の巣?

天城山からいただいてきた山ツツジについていたコケを運ぶ蜂がいた。
黒っぽいハチだが名前はわからない。何回も何回もやってきて鋭い口で1~3センチくらいに切り取ってはどこかへ運んでゆくのです。どこまで運ぶのかなと思っていたところ、ログのまき置き場の15センチくらいのはんの木の中心の髄に目いっぱいコケが詰め込んでありました。
中にタマゴでも生んでふたをしたのでしょうか?
f0043750_21222566.jpg




コケを取り除いて中を覗いてみたくなったのですが、なんとか思いとどまりました。
by shara53 | 2006-07-17 21:26 | Comments(0)

ヤマユリ

家の下の法面のヤマユリが咲いた。蕾のうちに周りをきれいに下刈をしておこうと草刈利をした。十分注意したつもりだが、今年も1本ヤマユリを刈ってしまった。ここのちは道端の土手にはヤマユリが多く咲く。ユリは刈られずにみんなが残すおかげで結構あちこちで咲いている。
f0043750_0402724.jpg
ユリといえば、やっぱりササユリが一番と思うがこの辺には自生していない。小さいころは裏山でいっぱい取った記憶があるが今も咲いているだろうか。浜松のほうではもうあまり見られなくなったようである。
東北のヒメサユリも可憐で好きなユリのひとつで、下の斜面に植えたものの花を見たかったが、この冬に猪に食べられてしまった。
f0043750_0395758.jpg


伊豆では浜辺の岩肌にはスカシユリが咲いていて、結構見ごたえがある。
by shara53 | 2006-07-16 00:40 | Comments(0)

北投石のミストサウナ

わが家の温泉の元管の修理ということで7月3日から温泉が止まっています。代わりに少しはなれた温泉宿の温泉をただで入浴できます。ただ、午後7時までなので、仕事もちの私になかなかチャンスがないのですが、今日は時間を作って入ってきました。何か、わが湯とは違い成分が濃いようです。特に足のうらなどはちょっとヌルッとします。たぶんいい湯なのでしょう。話では、2種の源泉を混ぜているとのことです。

家にはない、ミストのサウナがあってなかなか気分がすっきりしたような気分です。
あと工事は3日ということなのでもう一度是が非でも入ってこねば。
1回うん百円だそうですが、黙ってただで入ってきてしまいました。
by shara53 | 2006-07-13 19:50 | ログ暮らし | Comments(0)

ミズヒキがもう咲いた

知人にいただいたミズヒキの花が咲きました。庭や家の周りに生えているものはまだまったく花穂も上がってきていないのに、浜松から5月おわりに移り住んだ草なのでちょっと温度差にびっくりした様子です。
天冴えの班入りなので花の変わりをを期待していたのですが穂軸がやや黄色っぽいだけで1級品ではなかったのは残念です。
f0043750_540377.jpg
f0043750_5423386.jpg

by shara53 | 2006-07-13 05:44 | Comments(0)

湿気でドアが!

このところの雨模様天気(本格的な雨ではないが雨空)続きでどうもわがログは少し水気を吸いすぎたようです。一番目に、トイレのドアが固くなる。玄関のドアが閉まりにくい。窓は少し曲がってきた様子。などなど。いろいろな処に湿気の弊害がでて来ました。木ばっかりの家は、呼吸もするが水も吸う。いっぱい吸ってわが家はちょっと変形気味かも?
ま、また秋が来れば隙間が出てくるだろうとほおっておこう。

f0043750_20341437.jpg



でもちょっと便所のドアはかたすぎるな~。しめたらあかないよー。
by shara53 | 2006-07-10 20:37 | ログ暮らし | Comments(0)

体験農場

体験農場の開園式があり、たい肥を供給している関係で顔出しました。
この農園は地元有志の管理組合があり、実際畑を利用するのは市民や都会の人で、今日20組あまり参加者に市長等を向かえ、テープカットにより開園です。TV局2社、新聞3社の取材もあり結構形にはなったようです。
f0043750_1531023.jpg
農村の新山村新興事業とのことで、国から50%の補助が出て開園にこぎつけたものだそうですが、予算額を聞いて愕然としました。なんと1億5000万かかったそうです。利用者には年会費が畑40㎡で¥12000円、休息小屋(といってもちっさな別荘みたい)つき50㎡が36万円で、高いような安いような。こんな農園がもう60箇所も全国にあるとのことで、農林業の衰退と税金の使い道にちょっと憂鬱な気分になってしまいました。
by shara53 | 2006-07-09 01:53 | ほか | Comments(3)