<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タカノハダイ

2月25日にSLCの釣り会があり、裏方にではありますが参加しました。
    小下田の磯、前の島にて
f0043750_17512012.jpg

今年の海は荒れていることが多く、心配しましたがほんの1日だけの渡船日和に釣り会を無事終えることができました。
ところがです、目的のメジナが浮いてきません。メジナのメの字もなく磯上がりです。港には参加者14人のつかれきった顔、が、しかし、一人だけ慢心の笑顔。新品の生簀かごになんと、47cmのメジナが。。。。今日もやられてしまいました。¥35000の磯竿は彼のもとへ。
さあーとポイントに付け餌を投げ入れてウキがしもった。えい!!確かなあたり。少しヘコヘコとさおに魚信を感じる。メジナじゃないなあ、リールを巻き上げると茶色に縞模様がみえる。あかん。タカノハだ。f0043750_17553394.jpg これが釣れるといつもはもうおしまい。僕にとっては魔の魚。水温がメジナに合わないのだヨネ。案の定、僕はまったくの0匹でした。他の人も合わせて20人以上で彼の一匹のみのメジナでした。
←釣れてしまったタカノハダイ

f0043750_17433167.jpg
しょげる僕に、土肥からの富士がきれいでよく見る景色でしたが初めて写真を一枚パチリ。

f0043750_1750029.jpg

家では北の斜面に植えた紅色のアセビが咲きはじめています。
さあ~。釣るぞ50㎝オーバーを...とまた力がわいてきました。
by shara53 | 2006-02-26 18:12 | 釣りんぼ | Comments(0)

田舎の海

ちょっと所用で田舎に行ってきました。生まれ育った海は春めいた海の色で、名産のアサリを掘る船があちこちに小さな塊で漁をしています。沖には、わが海とばかりにトヨタのタンカーが行きかっていました。この海も年毎に変わっていってしまいます。伊豆と違ってその変わる速度の早いこと。
ああ、田舎も遠くなった。
f0043750_213312.jpg
              これも作品 

f0043750_2132921.jpg
流木で遊んでいる従弟の仮宿に寄ってきました。いつの間にやら木の芸術品??が転がっていました。今度、山に夢の1軒屋を手に入れるとのことで、ますます仙人生活の域に入りそうです。
きたい期待です。
by shara53 | 2006-02-22 21:08 | ほか | Comments(1)

狩猟最終日

バーン。・・・・・・・・・
バーン・パン・パン。
2月15日。今日で狩猟期間終了です。昨日からやけに猟師の車が山の仕事場によっているなあと思いきや、ソウだったのかと合点した。
今年も、鹿や猪にはずいぶんと被害をこうむった。山の会社はいざ知らず、我が家の庭先まで出没するシカはどんなやつ?たぶん足跡から去年生まれの親子連れ。アオキは口の届く範囲はまったく葉はなく、植えた春蘭ははどころか無残にもバルブまで抜取られている。当然シイタケはやっと出たあたりまでも齧られてしまう。
山の畑にはどこもかもシカよけの網が張られている。山葵田はもっと頑丈なシカ策がその被害の重大さを示している。
f0043750_22332027.jpg ←昨年夏、撮影した側溝に落ちたシカの仔   

ほんとうにシカは、増えているのか?増えています。伊豆に来た20年に比べればはるかに増えています。秋に見るシカの群れは30頭の集団も見られるほどです。
猪はって? 一定期間で地域を巡回し、土手や広場を全て掘り起こしています。
で、猟師は。最近はプロの猟師は激減。罠猟は新規に免状を取っている方もいるようですが、猟友会の権利とお金が高くて加入をやめている人が多いとのことです。
もっと、官民計画的に害獣対策をと思うこのごろです。
狩猟期間が終わり、今しばらくたてば、有害鳥獣駆除でまた、腕の悪い猟師が山に入ります。
またシカは増え続けます。

山も、田も荒れ放題。山では飯が食えないと中伊豆の山持ちが嘆いています。誰か山に嫁に来ないか。そして、山に手を入れよう。
いいやまが安く手に入れば買ってしまいたいよ~。
by shara53 | 2006-02-15 22:48 | Comments(0)

クズみかん

このところ天候がよいので薪集めがはかどります。
ストーブ用の薪の置き場に半分以上たまりました。あと一息です。
たまった薪を眺めているとちょっと豊かになった気分になります。


葉っぱを皮につけたクズみかんf0043750_20521789.jpg
ちょっと休憩です。
昨年暮れに譲ってもらったクズみかん。今とってもおいしいです。三ケ日みかんとのことで規格外を100kgほど買いました。酸っぱくてこれが『三ケ日』 と疑ったものが1月下旬ごろからホンと、うまくなりました。他のみかんは味が落ちる一方ですがこちらは、甘みがちょっと上品な熟しかたで、気にいりました。これはおまけといただいた大きな規格外品が一番うまかった。
by shara53 | 2006-02-12 21:08 | ほか | Comments(0)

これもメジナ釣り

今年3度目のメジナ釣り。中伊豆をam5:00にでかけ、気温は-1℃。
西伊豆の峠を越えたとたんに気温が変わります。海岸近くは7℃もありました。東と西の尾根に囲まれた中伊豆はまったくの山の気候です。同じ伊豆でしょうかね。
f0043750_18412161.jpg


いやー 風が強いっす。
西風が吹いたときのポイントにいるのですが、思った以上に水温が下がっている様子で、おまけに海は澄みすぎています。1時間ほどコマセを撒きましたが、雑魚すら気配がしません。
今日は完敗です。
小一時間ほどで磯変えをしたがまったく沙汰はなし。もう帰ります。
今日の収穫、田子越しに見えた富士山のみ。
by shara53 | 2006-02-11 18:47 | 釣りんぼ | Comments(0)

夕んべのうちに

夕んべのうちにまた、うっすらと雪化粧です。
f0043750_1341165.jpg

思いがけない雪が二日も続きました。何の知らせか6時50分に目を開け窓の外を見てロフトへ飛んでゆきました。はだしのままでずっと富士をファインダーから覗いております。少し目覚めるのが遅く、色つきは少なかったが今年一番の富士でした。
朝日が揚がりきる前にこの昨日の取り残した菜の花畑を見に行こう。


f0043750_1312647.jpgf0043750_1313671.jpg

この地域のちょっと遅い菜の花畑。咲きかけた花たちに朝日がふりそそいでいました。
by shara53 | 2006-02-05 13:07 | Comments(2)

白くてびっくりです

f0043750_201284.jpg夜中に電話で起こされ、窓の外見てびっくりです。真っ白です。
《今夜は晴れて冷え込むでしょう》の天気予報を疑わず寝ていたので、予想外の雪にはあせりました。暗い中、山に向かって一人ランカスターを走らせた。
闇の中、ライトに光る雪が恐ろしくもあり美しくもあり。ちょっと、シャッターをきってしまいました。
f0043750_13144022.jpg




夜明けには富士の空だけが開けてちょっとファンタジック。
しかし、日の出のころは雲がかぶってしまい余韻をたのしめませんでした。



f0043750_2023456.jpg



裏庭を歩くと雪をかぶった木々、草花がちょっと見てみてとささやいているようです。
by shara53 | 2006-02-04 20:19 | Comments(0)