人気ブログランキング |


妖艶の春蘭に魅せられる


by shara53

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:蘭らん( 286 )

早く巣立ってね

蘭小屋に巣くったヤマガラがどうも孵化した様子だ110.png
巣から2羽とも離れることは少なかったがこのところ頻繁に餌を運んでいる。ひっきりなしとはいわないが日増しにその回数は増えてきた。
f0043750_21133025.jpg
早く巣立ってほしい、蘭に水をやるのも遠慮しながらだし、夜は明かりもつけられないのです。こんなところに巣を作るヤマガラの気持ちがわからないよ。ほんと!
f0043750_21132746.jpg

by shara53 | 2019-04-23 21:18 | 蘭らん | Comments(0)

遠征の余韻

春蘭を求めての大遠征
蘭を始めた20代、先輩が自慢げに手に入れた”桃山錦”を見せられても全く感じなかった僕が
いつの間にやら蘭にはまってしまった。休日はもちろん出勤前の1時間すら惜しんでの山歩き。
春蘭の素芯や覆輪は時に目にしたが色花は全く見つからなかった。
当時はエビネ最盛期、山にはすでに人の入った後はあるものの小さな沢にもびっしりとエビネは残っていた。
お気に入りをいくつか採取し楽しんでいたが突然の転勤、伊豆に来た。

  1. <遠征先では所々でカタクリが見られた>⇓
f0043750_17425145.jpg

<ミミズ斑のカタクリ>⇓
f0043750_17425381.jpg

伊豆はエビネの本場、春蘭も仕事場の周りにあふれている、ここは別天地とばかり仕事にも力が入る。
が、しかしして数年後、エビネはウィルスにやられ春蘭は伊豆の地が-7℃になるとは。
思いもよらぬ寒波でほぼ全滅し、以来、枯残りを細々と作ってはいたものの蘭探しの山歩きは遠のいてしまった。
近年、蘭を教えてくれた先輩の関係で知り合った若いユンナンさんに誘われ久々の蘭探し。
山には以前のような蘭が繁茂する環境は減ってきたものの雑木林に残った春蘭の姿に少しづつ記憶が戻り始め、
20代のころ夢中に探しまわって初めて採った覆輪の感動が少しづつ蘇る。
そしてこの春、大遠征に誘われ3日間の山歩きが訪れたのだ。

<あまりにも黄金色:日焼けか朱金か分らぬが目に飛び込んだ蘭>⇓
f0043750_17391912.jpg

僕にとっての新しい土地での山歩きは新鮮そのもの。
食害からのがれた大きな株、一株に10数本も咲いている大株があちこちにある。
草姿も幅をひき素晴らしい、並花でも作り甲斐のある株ができよう。
あちこちにある株を一つずつ花を見て回るのだが数が数だけに期待と欲に気持ちが高揚していくのだ。
この気持ち、くすぐるな~。
赤く咲くと分かった蘭を育てるよりはるかなる動悸に襲われる。
遠征中、果たして、幾つかの蘭を見つけ今、その余韻に今浸っている。

<これ、色薄いけど初めての色花ゲットです>⇓
f0043750_17405084.jpg

<芯に入った中斑縞>⇓
f0043750_17425879.jpg

あきらめずに山歩こう!
まだまだ山には育まれた未知の遺伝子が埋もれてますよ‼
ユンナンさん、感動ありがとう110.png

#大遠征の詳細は蘭景草史にのってますよ!




by shara53 | 2019-04-12 10:50 | 蘭らん | Comments(2)

色花もどき

先週採った色変わりの春蘭の花が開きはじめました。
和の色見本でみると草色?苔色?のような色合いで
普通でないことは確かです。
が、新木の葉の色が薄く後ろは暗んでいますが、この葉の色が出ているのかもしれません。
でも黄色とか赤色はないかも!渋い色のままでした。
f0043750_10055727.jpg


by shara53 | 2019-03-22 10:07 | 蘭らん | Comments(2)

気はそぞろ

もう一日晴れてくれればと思うが今日は雨。
山蘭をもう一度探したいが今日は花でも眺めましょう!
f0043750_08471223.jpg
f0043750_08470566.jpg
f0043750_08470928.jpg
f0043750_08470730.jpg

by shara53 | 2019-03-21 08:56 | 蘭らん | Comments(1)

でかいぞ~

これは大きな花だなあと触っているうちに花茎が折れてしまった。
よくよく見るとかなり大きい。花弁の幅が異常にひろい。
普通は採らないがそういえばだれかが普通のでかい花あったら鉢にあげようと言っておったような168.png
f0043750_21301516.jpg
下は普通サイズの花、株の葉幅は特別ではなかった。
f0043750_21301714.jpg


by shara53 | 2019-03-18 21:33 | 蘭らん | Comments(3)

これはどうだ!

静岡愛蘭会の展示会が浜松であった。
f0043750_12585131.jpg
春蘭の名品をさしおいて一番目を引いたのがそんちょ採取の大株春蘭。
展示会に普通の春蘭を飾ろうと山から抜いてきた株だそうだ。
もやし花かと花を覗くと花弁は立派な鈴虫剣となっている。
f0043750_12584012.jpg
f0043750_12584242.jpg
色も白っぽいし舌も固く巻かなそうな感じで花型もしっかりしている。
”これは作り方によってはシロ花だ~”と言って会場から持ち帰ってきてしまった。
夜、花を眺めているうちに山を歩きたくなる衝動に駆られる。
このところはずれ花ばかりでなかなかいい思いを味わえないのだ。
翌日、山のボランティアを早めに切り上げ横浜のⅯさんと蘭探しに出かけた。
これならどうだ!!
f0043750_12584880.jpg
f0043750_12584587.jpg
写真では分かりにくいかもしれないが色花っぽい蕾だ。
新木は黄緑色で後暗んで来るような草姿、蕾はキャップなしの朱金っぽい。
期待、きたい。





by shara53 | 2019-03-18 13:03 | 蘭らん | Comments(1)

咲きあがる様を楽しむ

春蘭が少しづつ咲きあがってきた
今週末は春蘭展のピークを迎える。
既に咲きあがったものもあるがまだまだ固い蕾も見られるここ伊豆の地
九州のものはやっぱり遅い傾向ですね。
今朝 開いた”寿”↓
f0043750_09313732.jpg
花茎が伸びきらぬ”燦河”咲くまでははっきりしない覆輪かと思ったが咲きあがってくると思いのほか個性派だった!
f0043750_09314069.jpg
先回投稿した”もやし黄花”残念ながら緑っぽくなり色がさめてきてしまった。↓
f0043750_09314282.jpg
別のもやし花 ↓
結構いい色だがこれも黄花とはならない運命か?
f0043750_09320841.jpg
ほんとの黄花は色が違うな~ 開きはじめた準素芯の黄花 ↓
f0043750_09401370.jpg





by shara53 | 2019-03-15 09:43 | 蘭らん | Comments(3)

よい色だこと

春蘭の女雛が咲きあがってきました。
丈夫で花付もよく私でもきれいに咲かせます。
これぞ名品です!
f0043750_20102331.jpg
去年”黄花かな?”で採取した花が開きはじめました。
もやし花の域は出なく艶にかけますが今のところ黄色っぽいです。
このままの色で止まれば儲けもんですが数日後にはもやし黄いろから緑がのってくると思います。
↓3/3撮影
f0043750_20102734.jpg
            ↓ 3/5撮影
f0043750_20103054.jpg

by shara53 | 2019-03-05 20:26 | 蘭らん | Comments(2)

咲くまでが黄花

第6感で採ったもやしの黄花
キャップで黄色っぽくは蕾があがってきたが黄花とはいいがたい色でした。
f0043750_14204402.jpg
本性の黄花はやはり色につやがある(熊野御前の黄花)↓
f0043750_14203599.jpg
↓これは昨年のもやし黄花の一つ。
かなり黄色っぽく蕾が上て来ているが今のところ何とも言えないところです。
f0043750_14205088.jpg
↓その隣にあった堅葉の株の蕾
f0043750_14204881.jpg




by shara53 | 2019-02-22 14:28 | 蘭らん | Comments(1)

ボヤ?

ボヤらしき葉が目に入る。
どうも鹿が歩いたときに根元をさらけ出された株だろうか?
動物が通った道にあったので葉焼けかもしれないが新葉のほうだけ柄っぽいので持ち帰った。
f0043750_06491214.jpg
f0043750_06482259.jpg

by shara53 | 2019-02-17 06:54 | 蘭らん | Comments(2)

カテゴリ

全体
ログ暮らし
釣りんぼ
蘭らん
ほか
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
ブログ

画像一覧