カテゴリ:未分類( 117 )

小雪

f0043750_08010863.jpg
思ったより雪は少なくひょうしぬけ!

by shara53 | 2018-01-23 08:00 | Comments(2)

つまようじ

森林イベント用に活用できないかと
暇に任せてクロモジで楊枝を作ってみた。
f0043750_11373256.jpg

いざ、クロモジを削ってみると何とも良い香りがする。
クロモジにはリナロールなどリラックス効果や免疫活性の成分が含まれているらしい。
楊枝を作りながら時をおさめる。忙し気分の人用のイベントには良いかも?

f0043750_11412035.jpgf0043750_11413028.jpg
          一般用                                          果物・菓子用
by shara53 | 2015-08-12 11:44 | Comments(0)

雪岳山は咲けども・・

    蕾は素晴らしかったがあの覆輪の白さが・・・・惜しい!
    2日前
f0043750_817227.jpg


    今朝         
f0043750_8172088.jpg


    昨年譲っていただいた黄花の春蘭。
    黄色がまぶしい。藤木の黄=きびたき??
f0043750_8181482.jpg


by shara53 | 2015-03-21 08:27 | Comments(0)

山地蔵

誰となくそっと見守られているお山道の地蔵さん。
この夏は、ウバユリにかざられ佇んでいる。
f0043750_02475623.jpg
f0043750_02474788.jpg
道ばたにはお月見草が鮮やかだ。この夏のピークももう一息082.gif
f0043750_02523142.jpg


by shara53 | 2014-08-06 02:55 | Comments(0)

道をゆく

くるま道
ヤマドリが通ればとり道
f0043750_09184352.jpg
                   アナグマが通れば獣道
f0043750_09184332.jpg
             アナグマ君
             その道を進むと谷間にまっさかさまだよ~050.gif050.gif
f0043750_09184312.jpg
道跡をたどって進むと谷を降り堰堤脇に巨大な穴倉があった。
f0043750_06193978.jpg



by shara53 | 2014-06-14 09:24 | Comments(0)

もやmoya

f0043750_16194447.jpg
もやっとして晴れない気分が続き海に出た。
夕焼けを楽しみに磯に出てきたが海までもがモヤモヤである。
海に落ちる少し前にガスけた太陽があらわれた。
向いの磯には撤収の船が…陽さえ現れていたら好い写真が撮れたのになあ。
   魚もあまりなかったので幾つかの景色でがまんして!
f0043750_16194561.jpg
f0043750_16190015.jpg
f0043750_16194493.jpg


by shara53 | 2014-05-31 16:25 | Comments(0)

新緑のキャンパス

北大キャンパスです。
f0043750_08334815.jpg
新緑のキャンパス。
小雨の中でしたが朝6時に構内をひとまわり(3分の1くらいですが)。
ミズナラの古木に魅入ってしまいました。
夜は小樽へビ~ルでも。ロシア人が目につきますなあ。
f0043750_08334273.jpg


by shara53 | 2014-05-18 08:42 | Comments(0)

目印

山はもみじ!
f0043750_04191933.jpg
CRS(企業の森づくり)活動に指導参加です。
若者が山に来てくれるだけで感謝です。
できれば間伐作業を体験してもらいたかったとおもう。
伐倒作業は結構インパクトあるからね。
f0043750_04194974.jpg
午後からはひとり山芋ほりで~す。
イノシシがほった後が目印です。痕を掘り続けると芋の頭が出てきました。
f0043750_04201163.jpg
f0043750_04204623.jpg
                   土面から50センチくらい掘ったところで芋の頭が出てきた。

結構な芋をほりおこしたよ~
今夜、猪鍋に入れて食べましょう
f0043750_04210920.jpg







by shara53 | 2013-11-24 04:29 | Comments(0)

東の空に

アイソン彗星をと朝4時半、伊東の丘まで見に行った。
星好きの若者が今日の先生。あそこあたりにと大島の肩を教えてくれる。
真東から登ったようだが見えぬ。
昨日はもっと上でよく見えたそうだがなかな我が目に入らない。カメラで確認させていただく。
東の空が明らむ寸前にかすかに見えた。見えているのを教えてもらった。
彗星!!
写真を撮った。何とか彗星を確認することができた。
  ありがとう、若者!
f0043750_06453997.jpg
大島の左肩から登り始めたアイソン彗星
わかるかな~



by shara53 | 2013-11-23 06:52 | Comments(2)

歓迎の準備

といっても
酒の肴にと西伊豆へ魚を調達に
と簡単に考え夕間時に出かけたのが間違いのもとだった。
船原峠を越えると大粒の雨が・・・。曇り予報のはずがとおもいながら車を進めた。
目的地に着く頃には雨も上がり気合を入れて磯に立つ。
30分ほどこませ早々とウキがすいこまれた。ガツンといった表現がピッタシのあたりだ。
数分こらえ磯際に寄せた。あれ~。すこっと針がほつれてしまった。
でかかったな~。気を取り直し浮きを流す。
2匹ほど30センチクラスのメジナがかかったその後、こんどは少し小さめだがぬきあげれないサイズのメジナとは違う型が磯まで寄った。タモを入れるまでもなく道糸を手繰り寄せて引き上げ途中、これも落としてしまった。たぶん1kgオーバーのイサキだったと思う。
落としてばかりのつツリンボである。そのうち空がちらちらと光る。
雷を引き連れ黒い雲がやってきた。ピカッ、ザーと大粒の雨。
午後8時半.今からが地合いだと言うのにこの暗闇、何もない岸壁。
帰るに帰れずもうあなぐらへ隠れるしかすべがない。
こうして1時間じっとちじこまって雷がやむのを待った。少し空が明るくなりやっと刺し餌を海に入れる。
とたんに、すぐ浮きがしもる。がツンとまたよい手ごたえでおおきな魚が竿に乗る。こんどは2kgクラスのメジナが浮いた。たもを入れると西風が強くなかなかおさまらない。そうこうしているうちにまた肴が外れてしまった。
荒れた天候に魚は一杯寄っていて食い気も上々。が、いかんせん、今日は釣り手のリズムが悪い。
この雷が収まった間に納竿としよう。
f0043750_1315341.jpg


   <危険の代償>46センチのメジナと30センチクラスのイサキが少々のみ
        車に戻る頃からまた雨脚が強まる。マーガレットラインを戻る頃は稲妻も走り出した。
        危ないアブナイ。よい切り上げ時であった。
by shara53 | 2012-07-07 13:02 | Comments(1)