2018年 07月 14日 ( 2 )

窯から出てきたもの

お世話になっている土筆窯の窯開けが9日にあった
私は一つの鉢しか作らなかったが窯からは焼き物が見事な量で出てくる。
窯主の稲木さんから見た出来栄えはどんなであったでしょう。
焼き物よりここの窯での人とのつながりが楽しい。
誰かが言っていた”陶器の話が少ないよ~”
いつものようにみんなで昼タイム!!
カレン作「ジャーマンポテトとアップルケーキ」をいただきました。
f0043750_09530833.jpg
f0043750_09512134.jpg
唯一今回作った四方鉢(左)  
右のそんちょ作(備前)はよくできている。
f0043750_09512617.jpg
"Ⅿ氏の黒御影の湯湯のみ”本人は思い描いたように焼きあがらなかったようでしたが
気に入ったので譲ってもらいました。


by shara53 | 2018-07-14 10:01 | ログ暮らし | Comments(0)

ハゼノキ

ハゼノキを板にした時、あの黄色の芯材の美しさに感動したものだ!
一年以上放っておいたハンノキを板にしようとチェーンソーで挽いてみた。
腐りと乾燥のねじれで使えるところはほとんどなかったが
色合いは良く残っていた。
ところがもう大丈夫だと思っていた”かぶれ”にやられてしまった。
10日経ってやっと正常な肌に戻ったが大変な思いをしました。
既に乾燥したハゼ板材ではかぶれたことがなかったのにこりゃどうしたことか?
f0043750_09431371.jpg


by shara53 | 2018-07-14 09:43 | ログ暮らし | Comments(0)