田舎の海

ちょっと所用で田舎に行ってきました。生まれ育った海は春めいた海の色で、名産のアサリを掘る船があちこちに小さな塊で漁をしています。沖には、わが海とばかりにトヨタのタンカーが行きかっていました。この海も年毎に変わっていってしまいます。伊豆と違ってその変わる速度の早いこと。
ああ、田舎も遠くなった。
f0043750_213312.jpg
              これも作品 

f0043750_2132921.jpg
流木で遊んでいる従弟の仮宿に寄ってきました。いつの間にやら木の芸術品??が転がっていました。今度、山に夢の1軒屋を手に入れるとのことで、ますます仙人生活の域に入りそうです。
きたい期待です。
Commented by tomoru at 2006-02-24 23:05 x
上の写真、なつかしく見ました。ずいぶんと木が減ったような印象です。
枯れ草の感じも、ちょっと違和感がありますねぇ。

さて、あさり掘り、同じころに思い出してました。
こちらは、交付の盆地の中での、穴掘りです。
砂小石交じりの層を掘っていて、ああこの感じは・・・、と思っていたところでした。
当然ながら、出てくるのは石ばかりでしたが。
by shara53 | 2006-02-22 21:08 | ほか | Comments(1)