狩猟最終日

バーン。・・・・・・・・・
バーン・パン・パン。
2月15日。今日で狩猟期間終了です。昨日からやけに猟師の車が山の仕事場によっているなあと思いきや、ソウだったのかと合点した。
今年も、鹿や猪にはずいぶんと被害をこうむった。山の会社はいざ知らず、我が家の庭先まで出没するシカはどんなやつ?たぶん足跡から去年生まれの親子連れ。アオキは口の届く範囲はまったく葉はなく、植えた春蘭ははどころか無残にもバルブまで抜取られている。当然シイタケはやっと出たあたりまでも齧られてしまう。
山の畑にはどこもかもシカよけの網が張られている。山葵田はもっと頑丈なシカ策がその被害の重大さを示している。
f0043750_22332027.jpg ←昨年夏、撮影した側溝に落ちたシカの仔   

ほんとうにシカは、増えているのか?増えています。伊豆に来た20年に比べればはるかに増えています。秋に見るシカの群れは30頭の集団も見られるほどです。
猪はって? 一定期間で地域を巡回し、土手や広場を全て掘り起こしています。
で、猟師は。最近はプロの猟師は激減。罠猟は新規に免状を取っている方もいるようですが、猟友会の権利とお金が高くて加入をやめている人が多いとのことです。
もっと、官民計画的に害獣対策をと思うこのごろです。
狩猟期間が終わり、今しばらくたてば、有害鳥獣駆除でまた、腕の悪い猟師が山に入ります。
またシカは増え続けます。

山も、田も荒れ放題。山では飯が食えないと中伊豆の山持ちが嘆いています。誰か山に嫁に来ないか。そして、山に手を入れよう。
いいやまが安く手に入れば買ってしまいたいよ~。
by shara53 | 2006-02-15 22:48 | Comments(0)