旬が過ぎゆく

旬のイサキを
と思っている間に今年は食べ損ねた。
遅き とは思ったが買い置きしたコマセがあるので一走り。
土曜の夜なので磯が込み合っているかが心配だったが車は結構入っていたが
みんな磯遊び?恐る恐る入った磯は我が一人102.png
f0043750_09000136.jpg
月が昇り始め、ガスはかかっているものの明るい。
この明るさじゃイサキの夜釣りはダメかも。
案の定、まづめになってもかかったのはサンノジ、アイゴのみ。
おまけにコサバも多い。今夜はだめだ。
月明かりがとどかない岩陰に流すとイサキらしきあたり。
25㎝と小さいがイサキが2匹が掛かった。でも、続かない。
コマセを撒けど流せどエサ取りやコサバばかりだ。
18:00~22:00の4時間でイサキ2匹じゃ帰られないなあ。
辞めようかと思ったがせっかくだからイサキがかかった岩陰の上まで崖を横ばい歩き釣り座を作る。
足元にエサを入れる、瞬間、かかった。イサキではなく30㎝のオナガだった。続いて少しのコマセと餌を入れる。
今度はゆっくりと浮がはいってゆく。軽く巻き上げると良型のイサキ。
続いてイサキ、またイサキ。あれよあれよという間に一時間でゆうに30匹を越してしまった。
f0043750_09000225.jpg
まさに穴釣り状態である、コマセもほとんど撒かずに釣れてくる。暑い中出かけた甲斐がありました。
月明かりでの夜釣りテクニックもマスターした気分です。
釣ったイサキも何とかまだ卵持ってましたヨ!

by shara53 | 2017-07-10 09:22 | 釣りんぼ | Comments(0)