<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

丸太ベンチ作ったぞ~

昨日企画していた森林づくりボランティアでの丸太ベンチづくりが
天候が悪く中止になった。2台頼まれものをしていたので頑張って作ってみた。
途中、雨にも降られたが何とか出来上がった。
喜んでもらえるだろうか?
f0043750_17380746.jpg

by shara53 | 2016-11-28 17:38 | ログ暮らし | Comments(3)

0℃の夜明け

霙あとの夜が明けた
メダカ瓶にうっすらと氷が・・・
わ~綺麗と孫の声
薄明るくなった窓の向こうにくっきりと富士山が白く浮かんでいた
f0043750_07545362.jpg
f0043750_07545771.jpg

by shara53 | 2016-11-25 08:01 | ログ暮らし | Comments(1)

なに植えましょ

土筆窯からの贈り物
春蘭鉢とウチョウラン鉢のつもりです。
綺麗な富士山と一緒に記念撮影
f0043750_14420587.jpg
f0043750_14414301.jpg


by shara53 | 2016-11-21 14:43 | ログ暮らし | Comments(0)

韮山竹灯篭祭り

森林づくりの活動の関係でお手伝いすることになった
江川邸の庭で竹を使った灯籠を展示する竹灯篭祭り。
はじめて出かけてみたが思った以上に多くの作品が展示され
賑わいを見せていた
<江川太郎左衛門のお墓がある韮山本立寺>
イチョウの大木が見事に色ずく
f0043750_21445359.jpg
f0043750_21451081.jpg
f0043750_21393543.jpg
出品のお手伝いをした『てつ左衛門』
f0043750_21452397.jpg
竹ファンクラブの『竹灯篭の富士山』
f0043750_21453654.jpg


by shara53 | 2016-11-20 21:52 | ログ暮らし | Comments(0)

土筆の窯開け2016/11

朝、ガスの中から富士の頭が高く見えだす。
今日は快晴、昨日開いた初杭州の寒蘭をベランダに置いた。
f0043750_09455628.jpg
きのうは土筆の窯開けのお手伝い。
20人くらいで楽しく遊ばせてもらいました。
窯主の稲木師匠
いつもお誘いくださりありがとうございます。
f0043750_09454029.jpg
f0043750_09455240.jpgf0043750_09454329.jpg

by shara53 | 2016-11-20 09:49 | ログ暮らし | Comments(0)

ピオーネ発祥の地


森林づくりの会でコミュニティづくりの一環でベンチをミニ公園に設置することになり
打ち合わせにいったところ、そこはブドウのピオーネの発祥の地だった。
巨峰が伊豆市の大井上先生の作出でブドウ研究所があり個人的に何かとご縁がある。
この研究所にピオーネの開発研究者の井川先生が勉強に通いつめ作出したのがピオーネだそうだ。
ピオーネの原木はもうなく2代目だそうだが何十年と歴史を刻んだブドウの木をはじめ
幾つかの品種の貴重なブドウの木を見させてもらった。
2番なりのブドウの房がいくつもぶら下がっており、おいしくないよと言われたが食べると十分甘い。
誰も食べないというので遠慮なくいただいてきた。
このご縁を大切に来年は本物のピオーネをいただきにまた来よう。
f0043750_18174017.jpg
f0043750_18173596.jpgf0043750_18173619.jpg

by shara53 | 2016-11-17 17:56 | ログ暮らし | Comments(0)

咲くまでが華

この2~3年で手元にやってきた蘭たちの
花芽が少しづつ膨らみ夢も膨らむ。
一鉢づつの思い入れはあるが果たして…
f0043750_07080511.jpgf0043750_07080170.jpgf0043750_07075896.jpg

by shara53 | 2016-11-14 07:11 | 蘭らん | Comments(0)

良い天気この上なし

朝、湧き上がる雲の上に真白になった富士が顔を出した。
力強い富士でした。
f0043750_20453597.jpg
山に入ると
f0043750_20461117.jpg
f0043750_20454785.jpg
間伐をしたヒノキの林の間をぬって旭日が差し込む。
見上げた空には雲一つなく暖かく良き日だ・・・。

by shara53 | 2016-11-12 20:51 | ログ暮らし | Comments(1)

激突の窓

蘭小屋で紫秀蘭が妖艶な舌をのぞかせはじめた。
f0043750_08494758.jpg
ふとみると蘭小屋の入り口にシロハラが落ちていた。
何度目の事故だろうか。
また、西側の窓に鳥が激突死を遂げた。
窓ガラスをふさぐことはできないので反射防止シートでも張るべきか?
f0043750_08494346.jpg



by shara53 | 2016-11-10 08:54 | ログ暮らし | Comments(0)

生の火は暖かい

明日の夜からさむくなるとのこと
ストーブのためし燃しをした
火がおきるとあっという間に部屋中が温かくなった。
薪は十二分にある。
この冬もストーブライフを楽しめそーだ。
f0043750_18042099.jpg
今日、寒蘭の豊雪が咲いた。
去年は11/11、いつもよりちょっと早いかな。
上手く咲きあがったらアップするかも。


by shara53 | 2016-11-08 18:05 | ログ暮らし | Comments(0)


妖艶の春蘭に魅せられる


by shara53

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ログ暮らし
釣りんぼ
蘭らん
ほか
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
ブログ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31